ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ソプラノ歌手・幸田浩子が11月22日にJ-POPカヴァーアルバムをリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

国内外のオペラ劇場に出演を重ね、ウィーンの名門フォルクスオーパーの専属歌手としても活躍した、日本ソプラノ界随一のディーヴァ・幸田浩子が、初めてのJ-POP歌唱に挑戦! 11月22日にリリースする9枚目のアルバム『優歌(ゆうか) ~そばにいるうた、よりそううた』は、オペラやクラシックの歌曲で培ったソプラノヴォイスで、DREAMS COME TRUE、一青窈、さだまさしや小田和正などの名曲を歌い上げている。
幸田浩子 (okmusic UP's)

これまでクラシックしか歌うことがなかった幸田がこのようなコンセプトのアルバムを歌うこととなったのは、テレビ番組で中島みゆきの「糸」を歌ったのがきっかけ。人のつながりを優しく語りかける歌詞の内容に深く共鳴し、多くの人たちに思いを共有したいと考えたという。アルバムは、そのきっかけとなった「糸」とともに、「LOVE LOVE LOVE」や「ハナミズキ」「いい日旅立ち」などがクラシカルなアレンジで収録されている。なお収録曲「LOVE LOVE LOVE」のミュージックビデオ(ショートver.)も公開されたのでこちらもチェックしてほしい。

なお、リリース日となる11月22日には、全国50箇所で店舗展開しているヘアアクセサリーブランド『コンプレックス・ビズ』において、幸田がプロデュースしたオリジナルヘアアクセサリーが販売される。

■『コンプレックス・ビズ』公式HP

http://www.complex-biz.com/
「LOVE LOVE LOVE」MV (ショートver.)

https://youtu.be/ZVENqp2AWeAアルバム『優歌(ゆうか) ~そばにいるうた、よりそううた』
2017年11月22日発売

COCQ-85388/¥3,000+税

<収録曲>

1.ハナミズキ (一青窈/2004年)

2.LOVE LOVE LOVE  (DREAMS COME TRUE/1995年)

3 .奇跡〜大きな愛のように〜 (さだまさし/1991年)

4.for you・・・ (高橋真梨子/1992年)

5.いい日旅立ち (山口百恵/1978年)

6.糸 (中島みゆき/1998年)

7.たしかなこと (小田和正/2005年)

8.グリーン・ティー・ファーム (上原ひろみ/矢野顕子/2003年)

9.もしもピアノが弾けたなら (西田敏行/1981年)

10.明日への手紙 (手嶌葵/2014年)

11.瞳がほほえむから (今井美樹/1989年)

12.翳りゆく部屋 (荒井由実/1976年)

13.未来へ (Kiroro/1998年)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。