体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手ごろなハイブリッド車ならアクア? いやいや、実はプリウスEXというものがあるんです!

▲皆さんご存じプリウス。あまり知られていないEXとは!?

▲皆さんご存じプリウス。あまり知られていないEXとは!?

すっかり一般的となったハイブリッドカー

10年前の2007年には約33万台ほどだったハイブリッドカーの保有台数が、2016年には約555万台と大幅に増加。すっかり世の中に浸透しました。「次の車はハイブリッド車にしようかな」さらには「手ごろな価格帯でそんなに大きくないやつを」と考えておられる方も多いのではないでしょうか?

「値段も安めでちょうどいいサイズのハイブリッドカー」という条件で考えると、真っ先に思いつくのはトヨタ アクアでしょう。

▲「いろいろ手ごろなハイブリッド車」トヨタ アクア

▲「いろいろ手ごろなハイブリッド車」トヨタ アクア

同クラスにはホンダ フィットハイブリッドもありますが、こちらのハイブリッドシステムは、常にエンジンが始動していてモーターはあくまで補助というタイプ。モーターだけのEV走行ができないという点で、やや魅力が劣ると言わざるを得ません。

では、そんなアクアの相場はどんなものかと見てみると、安いものなら総額60万円~といった感じ。しかし、そのあたりの個体は軒並み走行距離が10万kmオーバーか、修復歴があるものばかり……。さすがの人気車種、安くて程度の良いものを探すのはなかなか難しそうです。

しかし、諦めるのはまだ早い! 実は近い価格帯でもっと低走行な個体が狙える車種があるのです!!

知る人ぞ知る2代目プリウスの最終形「EX」

▲トヨタ プリウスEX(2009~2011年)。法人ユーザー向けのグレードですが、装備は不満のないレベル ※写真は標準プリウスですがデザインは同様

▲法人ユーザー向けのグレードですが、装備は不満のないレベル ※写真は標準プリウスですがデザインは同様

それがこのプリウスEXです。

……まあ見てのとおり、ぶっちゃけて言うと2代目プリウスです。3代目プリウスのエンジンが1800ccになってしまったため、自動車税の安い1500ccの2代目を法人向けに「プリウスEX」として継続販売したものです。

法人向けだったため、ベーシックな「S」グレードをベースにフォグランプやホイールカバーなどをカットして価格を抑えた仕様となっています。ボディカラーもホワイト、シルバー、ブラックとモノトーンな色のみですが、必要な装備は標準で付いているため、日常のアシとして不満が出ることはないハズです。

また、法人がメインということで、定期点検などをディーラーでキッチリ受けてきた個体が多いというのも特徴です。ハイブリッドカーは機構が複雑なので、定期的にちゃんと点検整備を受けているというのは大きなメリットと言えるでしょう。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会