体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

富士山登山道の混雑度を「見える化」 そこから判明した登山客の意外な行動パターン

IoTを活用して、登山道の混雑度を「見える化」する

KDDIは、富士山の登山者が安心・安全に登山を楽しめるよう、スマートフォン・携帯電話の利用が多く見込まれる開山時期に合わせ、山頂および登山道における通信エリアの拡充を行っている。


富士山の山小屋に貼られたauのステッカー

今年2017年はその新たな取り組みとして、IoT向け通信技術LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークのひとつである「LoRaWAN」を活用して登山者数を把握する実証実験を行った。

「富士山登山状況見える化プロジェクト」と銘打たれたこのプロジェクトは、御殿場市の協力のもと、4つある富士山登山口のうち御殿場口新五合目で行われた。御殿場口の登下山道・ハイキングコースに計測カウンターを計5カ所設置し、センサーによって登山者数と下山者数を計測。集められたデータは通信モジュール経由でクラウドに送られ、ウェブサイトにアップされるという仕組みだ。


「富士山登山状況見える化プロジェクト」の舞台となった御殿場口新五合目


登山者数/下山者数を計測するカウンター。富士山の過酷な自然環境に耐えられるよう、防水性や耐久性に配慮したつくりになっている


計測カウンターは御殿場口の登山道計5カ所に設置された


登山者数/下山者数はスマートフォンやタブレットで閲覧可能

今回のプロジェクトを通じて、登山者は登山道の混雑状況をインターネット経由で簡単に知ることが可能に。そして自治体にとっては、これまではカウンターが設置されている場所まで人が登って確認しなければならなかったが、IoTを活用することで遠隔でのデータ確認が可能となった

御殿場市産業スポーツ部の勝俣 昇さんは「登山者数の実態を把握することは、富士登山における安全性や利便性を高めるために重要な情報。今後の整備計画やツアー創出にも役立てていければ」と今回の実証実験への期待を語った。


御殿場市産業スポーツ部の勝俣 昇氏


計測カウンターの開発に携わったKDDI総合研究所の宇都宮栄二。「有効性が確認されれば、富士山のほかの登山道や、山に限らずニーズがあればほかの場所でも応用させていきたい」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。