体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

失言取り消せます! WhatsApp、7分前までさかのぼってメッセージを消去できる機能追加

間違った内容のメッセージを送ってしまったり、あるいは送信相手を誤ってしまったり。メールよりも早いテンポで送受信することが多いテキストメッセージは、気軽に使える反面、変換やスペルミスなどが多いもの。

気心知れた相手にちょっとしたミスならまだいいが、「やってしまった!」と落ち込むような間違いメッセージを送った経験がある…。そんな人のためにWhatsAppは送信後、7分前までさかのぼってメッセージを消去できる機能をこのほど追加した。

・グループチャットでも使える

WhatsAppは世界中でユーザーが10億人を超えるメッセージアプリ。昨年から永年無料で使用可能となり、その人気は右肩上がりだ。日本ではLINEユーザーが多いが、海外ではWhatsAppが圧倒的な人気を誇る。

そのWhatsAppがこのほど加えたのがメッセージ削除機能。1対1、そしてグループチャットどちらでも使える。

・最新版でのみ利用可

操作は、メッセージをタップ&ホールドして削除を選ぶだけ。メッセージを削除すると、送信先には「このメッセージは削除されました」の表示が出る。

送った後に読み返して「あれっ!?」と気付いた時、この機能は便利。“失言”や間違いが多いと自覚している人にはかなり使えるはずだ。

ただし、この新機能はメッセージの送信・受信側ともにアプリ最新版を使っていなければ利用できない。

WhatsApp

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。