体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桐嶋ノドカ×小林武史×ryo(supercell)、プロジェクションマッピングを駆使して空想世界へ

桐嶋ノドカ×小林武史×ryo(supercell)、プロジェクションマッピングを駆使して空想世界へ

音楽プロデューサーの小林武史とryo(supercell)がダブル・プロデュースすることで話題となっているシンガーソングライター、桐嶋ノドカが11月22日にリリースする1stシングル「言葉にしたくてできない言葉を」。そのMVが公開となった。

撮影スタジオ内をプロジェクションマッピングし、桐嶋ノドカの動きとシンクロさせることで異空間を作り上げるという、テクノロジーと人間の融合をコンセプトにした作品だ。

監督を務めたのは、米津玄師の仮想空間を用いたティザー動画や、上坂すみれのタップ&スワイプで早着替えするインタラクティヴ縦型MVなどのテクニカル部分も担当した、テクノロジーとアートの融合を得意とする天野清之。

今回のMVは、映像を大型スクリーンなどに投影する装置であるプロジェクタを5台連動させ、スタジオ内の白壁3面と床に対して計4面のプロジェクションマッピングを行なって撮影された。桐嶋の動作に合わせて光が広がったり、ソファーから飛び降りる桐嶋の動きとシンクロしてシーンが海の中に潜ったりするなど、通常の撮影では観ることができない不思議な空間が演出されている。(雄)

■桐嶋ノドカ コメント
「あれこれ思い悩む心の中に広がる世界を、真っさらなセットにプロジェクションすることで表現しています。テクノロジーを駆使したアイディア満載の天野さんとの制作はとても刺激的で、完成を私自身も心待ちにしていました。空想と現実を行ったり来たり出来るこのわくわくが、皆さんにも伝わりますように!」

「言葉にしたくてできない言葉を」MV

https://youtu.be/caPYQafHyp8
・桐嶋ノドカ オフィシャルサイト
http://www.nodokakirishima.jp/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。