ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】欲しい人材を確実に口説く!新時代の人材分析サービス「HRアナリスト」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バブル期以来の売り手市場となった今年。優秀な人材を確保するため、多くの企業が奔走した。この状況がいつまで続くかはわからないが、履歴書のスキルや通り一遍の面接に頼る従来の方法では、いい人材の獲得は難しいだろう。企業側も新たな手段で、人事採用に臨む必要がある。

その突破口となるサービスが、クラウド型人材分析ツール「HRアナリスト」だ。事前アンケートから、個々の行動原理や思考パターンを分析し、応募者ごとにカスタマイズされた採用を実現するというもの。アンケート依頼から分析結果の閲覧まで一気通貫に行うため、余計な労力や時間をかけず、欲しい人材に近づくことができる。

8月から、オープンベータ版の提供を開始。各企業の反響を受けて、10月には海外版もリリースされた。提供元は、昨年創業のシングラー。代表取締役CEOの熊谷 豪(くまがい ごう) 氏に、詳しい話を聞いた。

・採りたい人材の採用率が上がる

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

元々私自身が企業の取締役、人事、採用コンサルなどを経験しており、三角(広報)はモバイル広告のシステムを開発していたことから、2人の強みを生せる事業を考えました。その結果、人事の課題を解決するITサービスを作ることとなったのです。

特に、採用におけるアトラクト(惹き付け)を改良すれば、世の中の人事採用の課題も、大きく改善されると思いました。それが、「HRアナリスト」開発のきっかけです。

Q2:「HRアナリスト」とは、どんなサービスなのでしょうか。改めて教えてください。

「HRアナリスト」は、採用におけるデータを活用したサービスです。特定の人物を獲得する採用戦術から、面接官の相性まで、人間関係という無形資産を生産性へと転換させる、さまざまな人事的短期戦略を提供します。

Q3:実際にサービスを利用したユーザーからの反響は、いかがなものでしょうか。具体的な事例がありましたら、教えてください。

テスト導入時より、ご利用いただいている食品会社から、「経験の浅い採用担当者でも、例年以上の採用パフォーマンスが出ている」という声を頂戴しております。(中略)同社の新卒採用は今期から、会うべき人にピンポイントで会い、確実に口説くという方針に変わったため、そのキーとなるサービスとして、「HRアナリスト」を活用してもらいました。(中略)その結果、接触する応募者を30名まで絞り、採りたい6名に対して5名を、確実に採用することができたのです。

・日本語版と海外版での差異はなし

Q4:今月から新たに、英語版もリリースされました。日本版との違いは、どこにあるのでしょうか。また、海外版製作に当たって苦労した点は、どんなところでしょうか。

違いは、特にありません。むしろ、ないことが重要となっています。違いをなくすことで、日本の人材と海外現地人材を、同じ軸で分析できます。面接における言語の壁や、細かな言葉のニュアンス、文化の違いによって起きる、誤ったコミュニケーションの防止にも役立ちます。日本語の微妙なニュアンスを、英語で表現するために、専門家からのアドバイスを仰ぎながら開発したので、そこは苦労しました。

Q5:サービスの今後の展開について、教えてください。

幅広い人間関係という無形資産を、生産性へと転換させる人事的短期戦略を、個人・チーム・部署・組織単位で提供していくつもりです。

英語版では、応募者が英語で受検。人事担当者は、日本語で結果を出力できるので、言語に対する不安もない。海外支社の現地採用でも、大いに活用できそうだ。新時代の採用手段として、どう成長していくのか。今後の展開に、期待したい。

(取材・文 乾 雅美)

HRアナリスト

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。