体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

棚も窓枠もすべて手作り。DIYアドバイザー末永京さんのご自慢部屋【リビング&ダイニング編】

生活・趣味
棚も窓枠もすべて手作り。DIYアドバイザー末永京さんのご自慢部屋【リビング&ダイニング編】

DIYアドバイザーの末永京さん。こだわりのご自宅インテリアを見せていただく連載2回目はリビング&ダイニングスペース。家族がくつろぐお部屋の作り方を学びましょう。

学生時代に見た東南アジアの建物が自宅インテリアのテイストの原点

――末永さんの好みのインテリアのテイストはなんでしょうか。

「特に決めているわけでもなく、なりゆきですね。だから場所によって大人っぽかったりポップだったりするんですよ。原点をたどると学生のときにバックパッカーで、東南アジアでのひとり旅が好きだったんです。

そこで見たベトナムの建物は、昔フランス領だったこともあってフランスとアジアが融合しているもので、その雰囲気に惹かれたんです。だからいろんなこだわりがMIXされたものが好きなのかな。年齢を重ねるごとに好みも変わっていくし、自然とMIXになっているのかも(笑)」

――ご自宅作りで旦那さんと意見が割れたりしないんですか?

「主人はあまりインテリアにこだわりがないので任せてくれるんです。それで、思い立って『床を変えるか!』なんて、ひとりで作業を始めちゃうこともよくありますよ」

――思い立ってすぐに作れる環境なんですね。それにしても、リビングになかなかこんなに大きな棚をDIYする方はいらっしゃらないですよ。

「これは『シェルフをつくろう!はじめてのDIY(レッスンシリーズ)』(パッチワーク通信社)の出版のために作ったんです。でも企画が決まった3日後に妊娠が発覚して、妊娠期間中に作業したんですよね。子どもがいるとあまりDIYができなくなるから、逆にやる気が出ていたかも(笑)」

――そんな時期にこんな大きな家具を作っていたなんてパワフルすぎます(笑)。それではリビングとダイニングの、棚以外のインテリアもご紹介をお願いします!

 

木の家具や味のある小物で海外のお家のような温もりを演出

「窓は木で窓枠を作り、色を塗ってかわいくDIYしました。作り方はPacomaの記事で紹介していますよ。今はフェイクグリーンを飾って大人シンプルに見せています」

1 2 3 4次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会