ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

デジタルの力で体内時計を整えよう!概日リズムを改善するウェアラブルセンサー「LYS」に注目

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
生物の生体リズムには、1分単位から1年単位で刻まれるものまで、さまざまなリズムが存在する。その中で、1日24時間の周期のことを、サーカディアンリズム(概日リズム)と呼び、体内時計として、ホルモンの分泌や代謝、睡眠リズムを作り出している。概日リズムに障害が起ると、人の体にはさまざまな影響が出始める。睡眠障害はもちろん、生活習慣病の引き金にだってなりかねない。

これを改善し、健康な状態に戻すデバイスが、Kickstarterに登場した。1日に浴びる光の量を測定し、トラッキングするウェアラブルセンサー「LYS」だ。

・浴びている光の量をリアルタイムでトラッキング

1日の90パーセントを、室内で過ごす傾向にある現代。特に、都市生活者は自然な光を浴びることなく暮らす人が、大半を占めている。人工照明は、自然光の代わりにはならない。日の光を浴びて初めて、概日リズムは整えられるのだ。そのためにはまず、自分がどれだけ日光を浴びているか、把握する必要がある。

「LYS」には、目の中の光受容体を模倣し、概日刺激を計算するためのセンサーと、特殊開発によるアルゴリズムを搭載されている。最初にセンサーで、ユーザーが日頃どんなタイプの光を浴びているか、リアルタイムで追跡。分析された結果が、専用アプリに直接表示される仕組みだ。

結果を受けたユーザーは、適切な光を浴びるよう、自ら生活の中で改善することができる。交差点では日当たりの良い側を渡ったり、窓際で昼食を食べたり、仕事机の角度を変えるといった工夫を施すようになる。小さな努力は、やがて大きな実となる。本品のトライアルでは、ウェアラブルとアプリを3週間使用しただけで、眠りにつくまでの時間を40%短縮。1日の知覚エネルギーレベルが3倍にアップしたという。

・スタイリッシュなコイン型

本体は、クリップ留め可能な直径29ミリメートルのコインサイズ。どこにでも留められ、どんな服装にもマッチする、スタイリッシュなフレッシュネイビーブールを採用した。バッテリーは1回の充電で、7日間使用可能。水にも強く、長期間の使用にも十分耐えられる。

早期割引価格は、59ユーロ(7800円)。オーダーは、11月16日まで受け付けている。

LYS/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。