体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ひいくん”の暮らしを通して、故郷を見つめ直したドキュメンタリー

1710312

シャッター街となってしまった山梨県のとある街を、そこに住む知的障害のある男性の暮らしとともに見つめたドキュメンタリー映画『ひいくんの歩く町』が公開中。

舞台とるなる山梨県・市川大門町は、メガホンを取った青柳 拓監督の故郷でもある。若者の居場所はなく、高齢者ばかりになってしまったが、そんな街を毎日歩きまわるヘルメット姿の不思議なおじさん・ひいくんは、いつも人々の仕事を手伝い、町民から温かく見守られている。本作は、そんな“ひいくん”を主人公として、衰えつつある町の変化と現実を描き出していく。

ひいくんを通して見えてきた、町の景色とは? 自分のふるさとに帰りたくなってしまうような、愛に溢れた“ほっこり”ドキュメンタリー。

ひいくんの歩く町
監督:青柳 拓
(2017年/日本)
公開中
http://hikun.mizukuchiya.net/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会