体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロシア旅行で行きたい「ハバロフスク」の観光スポット8選

ロシア旅行で行きたい「ハバロフスク」の観光スポット8選

ハバロフスクは、ロシア極東の中心都市。人口は約58万人、碁盤の目のような都市ながら、坂がとても多い街です。ですので、ハバロフスクを訪れる際は、歩きやすい靴を用意するのがいいでしょう。それでは、ハバロフスクの見所をご紹介します。

 

*編集部追記
2016年7月の記事に新たに3選追記しました。(2017/10/31)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ハバロフスクに行ってみての感想

photo by shutterstock

日本人にとって、ロシアは距離が近くてもどことなく遠い国というイメージが大きいのではないでしょうか?しかしながら、ハバロフスクやウラジオストクは日本からたった2〜3時間で行ける上、ヨーロッパの雰囲気を感じることができる隠れたおすすめ観光都市です。

2017年8月からビザ要項も緩和され、オンラインで先に申請すれば、極東ロシアには気軽に行けるようになりました。私もビザが緩和された後訪れたのですが、申請はとっても簡単だったので、ぜひハバロフスクの観光をおすすめしたいです!

 

ハバロフスクはロシア極東の中心都市で、自然が美しく、教会や大聖堂など美しいロシア正教の建築を楽しめることで知られています。街並みも、日本から3時間で行けるとは思えないほどヨーロッパらしく、こんなに気軽にヨーロッパに来れるんだとびっくりしてしまうほどです!ピロシキやボルシチなど、おいしいロシアグルメにも挑戦できますよ。

 

おすすめのベストスポット

photo by shutterstock

私がおすすめするのは、ロシア正教らしい玉ねぎ頭の屋根が特徴的な、スパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂です。周辺には修道院などの宗教施設が集まり、神聖な空気で包まれています。

2003年に建てられた比較的新しい建物ですが、すでにハバロフスクの観光の目玉の一つとして人気。ロシア正教らしい雰囲気を感じることができるのでおすすめです。
他におすすめの記事はこちらです
ロシアのおすすめ観光スポット40選
ロシア方面へ旅行する際に気をつけたい4つのこと

 

*編集部追記(2017/10/31)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1. ロシアを代表する川のひとつ「アムール川」

P7083107

Photo by 新田浩之

ハバロフスクといえば「アムール川」を忘れてはいけません。とにかく、日本では考えられないスケールの大きい川です。ただ、川は茶色で濁っています。あまり、きれいな川をイメージするとがっくりするでしょう。ちなみに「アムール川」は中国に入ると「黒竜江」と名前を変えます。

私は夏に訪れましたが、冬になると「アムール川」は凍るらしいです。そして、川岸から川岸まで歩いて横断できます。横断にかかる時間は何と20分!ロシアの広大さを感じられるスポットですね。
■詳細情報
・名称:アムール川(リカーアムール)
・アクセス:ハバロフスク駅から1系統の路面電車に乗車。3つ目の停留所から徒歩20分
・所要時間:30分~1時間
・オススメの時期:いつでも

 

2. 比較的新しくきれいな教会「スパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂」

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。