ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“ぐるぐる” と木を巻いて作られた日本の伝統工芸品150点以上が大集合

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
GURU-GURU_02

海外でも人気の「ブナコ」と「千巻」

2017年10月26日(木)から11月5日(日)まで、東京・原宿の「Swimsuit Department(スイムスーツ デパートメント)」が運営するヴィンテージ雑貨店「BATHHOUSE(バスハウス)」にて、「GURU GURU」が開催されています。

青森の工芸品「ブナコ」と、飛騨高山の工芸品「千巻」を展示販売するイベント。現在では手に入れることの難しくなったヴィンテージのプレートやボウルなど、普段使いできる木の器が150点以上並びます。

ブナの木をコイル状に巻いていることから名付けられた「ブナコ」。また「千巻」も、軸や底になるパーツを中心に、2~3㎝巾のテープ状にした木材をぐるぐると巻きつけて成形し、塗装して仕上げます。

唐桧で作られた「千巻」は軽く水や熱に強いため、日本陸軍の食器としても納品されていました。戦後も木目の持つ美しさが評価され、欧米に輸出されるなど需要がありましたが、後継者不足により生産が途絶え貴重な工芸品となっています。一方「ブナコ」はプロダクトデザイナーを迎え入れるなど現代に対応した物作りが行われています。

同じような製法で作られた木の器ですが、自然素材と人の手が組み合わさることで、一つひとつ異なる表情に仕上がっています。さまざまなフォルムや風合いをお楽しみください。

GURU GURU

会期:2017年10月26日(木)~11月5日(日) 13:00~18:00

※開期中無休

会場:BATHHOUSE/東京都渋谷区神宮前3-36-26 ヴィラ内川201

詳細:https://www.instagram.com/p/BaQJUuwneuQ/?taken-by=bathhouse_shop

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

「ノルマンディコレクション」20周年記念の「ヨハンナ・グリクセン展」、東京3会場で開催
「東京蚤の市」が パワーアップ! 新エリア「東京おやつ通り」「キッズアーケード」etc登場
生産第1号からHIROSHIMAまで! マルニ木工の歴代チェアコレクション展、開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。