体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰とでも会話が弾むようになる「あいづち」の極意

生活・趣味

仕事をしていると、お客様や上司・同僚と話す機会がたくさんありますよね。そんなとき、「会話が続かない……」という経験はありませんか?

上手に会話ができると人間関係を築く上でとてもプラスになるものです。逆にうまく会話が続かないと人間関係が閉じていきがちになります。

そこで今回は、広告代理店勤務時代に3,000人以上のVIPと交流し、彼らの話し方を研究している「気配り」のプロフェッショナル・後田良輔さんに「デキる人の会話術」についてお話を伺いました。

f:id:fujimine:20171025131651j:plain

話し上手とはあいづち上手のこと

誰かと会話するというと、「面白いことを自分が話さなくては」と思いがちですが、実は自分が率先して話す必要はありません。デキる人たちは自分が話すことよりも、相手が思わず話したくなる「あいづちの仕方」に注力しています。会話における満足度とは、自分の話を前のめりに引き出してくれる「あいづちのうまさ」に比例するともいわれています。事実、私が交流した3000人のVIPたちはみな、相手が思わず話したくなるようなあいづちの仕方を身に着けていました。

そのあいづちとは、名付けて「おいどまそ、復唱」です。「おいどまそ、復唱」とは、相手を気持ちよくさせるあいづち言葉の頭文字を1字ずつ取り、組み合わせた造語です。山口県観光キャンペーンで「おいでませ山口」というフレーズが使われていましたが、その精神と同じで「よくいらっしゃいました」「遠慮しないでおいでください」という意味が込められています。

相手を乗せるあいづちを覚えれば、誰とでも会話が続くようになります。では相手が思わず自分から話したくなる魔法のあいづちを1つずつ見ていきましょう。

「おいどまそ、復唱」の「お」:「面白いですね~」

人は話をするとき、「話しの流れ」をきちんと頭の中で順序立てて会話をするものです。その流れには、真面目な話はもちろん、相手の興味を駆り立てる情報やユーモアなど、いくつかの変化球が混じっています。その変化の際にきちんと感心してみせないと、相手に「すべった感」を与えてしまいます。例えば「こんな話、聞いたことある?」と言われながら何かを教えてもらったときに、残念な聞き手は「へぇ~」と言いますが、デキる人は「面白いですね~」と感心してみせます。ほんの少しの工夫ですが、相手に与える印象の差は天と地ほど異なります。

「おいどまそ、復唱」の「い」:「意外です」

キャッチボールをしながら話をすると、なぜか本音を話してしまうように、会話でも本音を引き出すキャッチボール言葉が存在しています。それが「意外です」です。

話し手からすると「うんうん」と聞かれているだけでは単調になり、「本当に私の話を聞いているのか?」と疑問に思えてくるものです。でも時折、「意外です」とボールを返されると「おっ、きちんと私の話を聞いている」と感じ、もっと話してやろうという気持ちになるものです。

「おいどまそ、復唱」の「ど」:「どうしてですか?」

会話をスムーズに進めるためには考えすぎず、素直な気持ちを質問するというのが有効です。その際に活躍するのが「どうしてですか?」というあいづちです。ただ黙ってうなずいているのでは、きちんと話を聞いているという印象を相手に与えることはできません。話を聞いていると相手に思わせるには、素朴な質問が一番有効です。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会