ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

天然キノコを使った料理

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

10月28日放送の「食彩の王国」(テレビ朝日系、午前09時30分~)では、信州のキノコの魅力を特集した中で、「えびよし・とよ田」(長野県安曇野市)が紹介された。

JR大糸線の豊科駅から約500メートルほどに位置する同店は、その日の仕入れによって扱う料理が変わるという、老舗の日本料理店。

この日採れたての天然キノコを使った絶品キノコ料理をご主人が紹介。
キノコは水につけると劣化してしまうが、塩を加えたぬるま湯に塩を漬ければ手早く汚れを取れす事が出来る。その後、先ずは合わせだしで煮込むのだが、キノコは色々な種類を混ぜれば、旨みが増すのだという。そこへ味噌を溶けば「天然キノコ汁」の完成。
なめこのツルツル感、ナラタケのシャキシャキ感など、それぞれの個性を存分に味わえる一品。

続いて紹介された「天然キノコのホイル焼き」は、醤油豆、鶏肉、ハナイグチ、ナメコをよく混ぜてホイル焼きにした天然ナメコ料理。香ばしい醤油の香りと鶏肉の歯ごたえとナメコの旨みが絶妙な組み合わせ。

「やっぱり、天然の物は美味しい。風味も違う」とは、ご主人・豊田修身さんの弁。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:えびよし・とよ田(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:安曇野・筑北のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:安曇野・筑北×和食のお店一覧
目の前の鉄板で焼かれる近江牛のステーキ
自家栽培のトマトで作る熱々「ミートトマトパイ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。