ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ツリーハウスの第一人者・小林崇の意外な「夢」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ツリーハウスの第一人者・小林崇の意外な「夢」
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。10月26日(木)のオンエアでは、日本におけるツリーハウスクリエイターの第一人者、小林崇さんのお話を伺いました。

小林さんがツリーハウスを作るとき、「完成」や「終わり」という基準はあるのでしょうか?

「時間がくるんですよね。僕がいくら『作品』だと思おうが、結局、頼まれているお仕事なので、予算も時間もあるんです。ツリーハウスはオープンニングイベントをやることが多いので、待ち受けられているし、工期も決まっている。しかもその中で、台風が来たり、予想外なことがたくさん起こる。稼働できなくてもその日がくるので」(小林さん、以下同)

建築家などから注目を集めた那須の二期倶楽部のツリーハウスも、“予想外のこと”が、たくさん起きた中で出来上がったものの一つと言います。

また、普段はマンションのリフォームなどを手がけているビルダーさんたちとのツリーハウスづくりの現場について、小林さんは「オーケストラというかライブというか。ジャムセッションみたいなもので、ソロがですぎるとまとまらない。それを抑えてまとめていくのが自分の仕事ですかね」と説明しました。

ちなみに、小林さんのご自宅の所在地は、鎌倉の稲村ヶ崎。中古住宅をご自身でリフォームして暮らしているそうです。

「自分のツリーハウスがないので、それが夢。場所を探しています。海外で僕が理想に思う所は高くて。日本はまだ探せばあるのかなあ…半島があって、崖があって、川が流れていて、河口があって、その河口の先でサーフィンができる。家はツリーハウスじゃないほうがいい(笑)。崖の上に風景がポンと見えるところがあって、たまに自分の時間のときにそこに行く。できれば一人がいいなあと思います。本や音楽くらいで。持ち込まない場所がほしいですね」

ご自身のツリーハウスを持っていないのはちょっと意外。でも素敵な夢を教えてくださいました!

そんな小林さんの初の完全密着ドキュメンタリーフィルム「THE ROAD MOVIE OF TREEDOM」はDVDとして購入することができます。ご興味のある方は是非チェックしてみてださい!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「GOOD NEIGHBORS」

放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分

オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。