ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

猫と暮らし、猫を創る。—イタリアの自由猫(gatto libero)—

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

先月10年振りにイタリアのフィレンツェに行って来ました。
フィレンツェは私が創作活動をする上でとても影響を受けた所です。

猫のクラフト作家になる前はビーズアクセサリーを趣味で作っていました。
当時、猫をモチーフにしたアクセサリーが欲しかったのですが、なかなか気に入った物が無くて、それなら自分で作ろうと思い、ワックス原型で作るシルバーアクセサリーを習い、その後、近所のジュエリーショップでワックス原型を作る仕事を請け負っていました。

そのうちワックス鋳造だけでは物足りなくなり、ジュエリーの本場フィレンツェに行こうと、一念発起し、一年がかりで貯金をして2007年の5月に現地の美術学校のジュエリー科で2週間の短期講習を受けました。
たった2週間でしたが、フィレンツェの街中の美術館や教会を巡り、街中に溢れる歴史的建造物やジュエリーショップを見て歩き、ジュエリーとモノ作りに対する考えが変わりました。

その後、習った技術を活かして鋳造アクセサリーと平行して彫金の一点モノのオリジナルの猫アクセサリーを制作し、現在はお客様からご注文を頂くまでになりました。

↑お客様からお預かりしたサファイアリングをリメイクして制作。 大切なもの(古いもの)を次に活かすイタリア的思想に習い、銀板と真鍮板を切り出して重ねる事で奥行きが出て、それでいて軽い仕上がりになっています。

今回のフィレンツェでは、10年前の軌跡を辿りながら当時の「思い」に立ち返るものとなりました。
また、作家さんのショップや工房を巡る機会があり、私が漠然と思い描いていた理想のスタイルを感じる事が出来て、今後の活動を見直す良いきっかけになったと思います。
ここ数年はあまりにも多忙でしたので、プライベートも殆んどありませんでした。
思えば2011年の震災以降、見えない呪縛から振り切る為にひたすら仕事に没頭していたように思います。
そこにここ最近の猫ブームも相まって、依頼が増えて一層拍車がかかりました。

これからは時間を上手に使ってストレスフリーを目指したいところです。

ところで、フィレンツェの街中では、なかなか猫に出逢う事がありませんでした。
猫を飼っている人はいるようですが、郊外と比べてフィレンツェ市内は殆んど集合住宅。
家の中で飼っているようです。
10年前に2週間お世話になっていたフラット(アパート)では、当時、パティオ(中庭)に猫さんが日向ぼっこをしていました。

今回の滞在中、唯一猫さんを見たのはフィレンツェから車で1時間半ほどの所にある屋根の無いサン・ガルガーノ修道院横のモンテシエピ礼拝堂にいた猫達。

サン・ガルガーノ修道院

モンテシエピ礼拝堂

窓辺で日向ぼっこしている2匹の猫さん。 窓枠が額の様でまるで絵画の様です。

管理人らしき人が猫さん達にご飯をあげていました。

調べてみると、イタリアでは野良猫さんのことを「gatto libero(ガット・リベロ)」=自由猫
と呼ばれているそう。
猫は生まれた場所で暮す権利があって、公園だろうが、広場、路地裏、家の庭だろうと、そこで生まれたら人間が追い出したり、どこかに捨てる事が出来ないそう。
それに、ペットショップがない。猫と暮したい時は猫にゆだねる。
猫が外で暮すか、家猫になるかは猫自身が決める事。
国と州が猫のコロニーの存在を法的に保護しているそうです。
餌やりについても、コロニーを保健所に登録すれば、管理責任は発生するものの、避妊去勢、医療のサポートを市から受ける事が出来るそう。なんて羨ましい!

そのせいか、イタリアの猫達は人間に対しての警戒心が日本程強くない様な気がします。
日本も猫にもっと優しくなってくれたらどんなにいいか。。。

人にも猫にも優しい国、イタリア。
私も気ままな自由猫(gatto libero)を目指して活動してまいります♪

フィレンツェ(左)とサン・ジミニャーノ(右)での記念撮影

↑ジュエリーの街、フィレンツェの自分へのお土産。シルバーにエナメルを施されたブーツに入った猫さん。ブーツはイタリアの形にも見えます。 左の子は10年前に購入した子。

10月30日から鎌倉の小町通沿いにある猫のお店、あーとショップ・ね小町さんにて
作品展を行ないます。

会期中は10/30(月)、11/3(金・祝)、11/4(土)、11/5(日)、11/11(土)、11/12(日)の13:00〜17:00に在廊しておりますので秋の鎌倉へ遊びがてら是非お立寄りください。

また、旅先で一緒に写っている天使猫さんは猫のクラフト作家になるきっかけになった作品です。今回新たに6匹制作し、販売致します。
是非、一緒に旅に連れて行って記念写真を撮って送ってくださると嬉しいです♪

あーとショップ・ね小町
営業時間/10:30~17:30
初日13:00より/最終日15:00まで(ギャラリースペース)
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-6-2 ね小町ビル2F
TEL&FAX 0467-81-5511

詳細はブログをご覧下さい→http://blog.w-well.com

 

著者:猫のクラフト作家 白井光可

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。