体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国でも珍しい鉄板スパゲティー専門店「伊勢ノ花天」の熱々メニューは見ているだけでハラヘリ必至【三重・桑名】

f:id:Meshi2_IB:20170916112545j:plain

熱々の鉄板でいただくケチャップ味のイタリアンスパゲティー、通称「イタスパ」。昭和30年代に名古屋の喫茶店から生まれた名古屋めしの一つだ。

調理する傍らで鉄板を熱するため、手間がかかる上にガスコンロも占領されてしまうので、一時期イタスパを出すお店が少なくなった。

が、’13年頃に起こったナポリタンのブームでイタスパは再び脚光を浴び、喫茶店のみならず、カフェや居酒屋さんでも食べられるようになった。

全国でも珍しい鉄板スパ専門店

そんななか、鉄板スパゲティーの専門店があるという情報を入手した。それも名古屋ではなく、隣の三重県桑名市にあるという。

鉄板スパの専門店は、発祥の地である名古屋でも見たことがない。なぜなら、イタスパを含めて鉄板スパはあくまでも軽食であり、味噌かつ定食や唐揚げ定食などを差し置いてメインを張れるようなメニューではない。

それに、鉄板さえあれば、家庭でも簡単に作ることができるので、専門店は成立しないと思うのだ。

さまざまな疑問を抱きながら、桑名へと車を走らせた。

f:id:Meshi2_IB:20170916112351j:plain

東名阪自動車道桑名ICから15分くらいで鉄板スパゲティー専門店「伊勢ノ花天(いせのかてん)」に到着。

f:id:Meshi2_IB:20170916112402j:plain

レトロな喫茶店をイメージしていたが、それに反して和カフェっぽい。

このギャップも面白い。

f:id:Meshi2_IB:20170916112423j:plain

こちらが店長の志賀昭太さん。開店したのは5年前。もともとはおかゆ専門店として営業していたという。

「メインはおかゆでしたが、サブメニューにナポリタンを出していたんです。これも好評でしたが、2年ほど前、試しに鉄板で提供したら、おかゆを凌ぐほどの評判になったんです。いっそのこと、鉄板スパゲティーの専門店にリニューアルしようということになりました」(志賀さん)

一番は「鉄板イタスパ」

f:id:Meshi2_IB:20170916112435j:plain

8〜9割のお客が注文するという看板メニューの「ふわトロ卵の鉄板イタスパ」(880円)をさっそく作っていただいた。

麺の上に整然と並ぶ赤ウインナーが目を引く。ほかにも玉ネギとピーマン、マッシュルームと、イタスパ定番の具材も入る。

他店のイタスパは、席まで運ばれるまでに卵が固まってしまうことが多いが、ここのはメニュー名の通り、時間が経ってもふわトロ。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会