ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

期間限定!名作文学の読後感を珈琲で表現した“飲める文庫”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


世界にはさまざまな珈琲がある。本好きな人は珈琲も好きなことが多いというが、“読書の日”10月27日(金)に、ついに本にまつわるコーヒーが発売された。読んだことのある名作をコーヒーで味わえる、新しい試みを体験してみよう。

AI(人工知能)と珈琲のプロフェッショナルのコラボにより発売された“飲める文庫”「ビーンパッケージ」は、名作文学の読後感を再現したブレンドコーヒー。

「NEC」のデータサイエンティストが、文学作品に関する1万件以上のレビュー文(読後感)を、コーヒーの苦味・甘味・余韻・クリア感・飲みごたえに変換したデータを作成し、それを元にコーヒー豆専門店「やなか珈琲店」のカップテスターがブレンドコーヒーを考案。6種のコーヒーを開発した。

名作文学として選ばれたのは、島崎藤村の「若菜集」や、太宰治の「人間失格」、夏目漱石の「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」、森鷗外の「舞姫」。


「ビーンパッケージ」6種は、各100g入り/950円(税込)。「6作品飲み比べ ドリップバックセット」2340円(税込)もあり、「やなか珈琲店」と「やなか珈琲店」通販サイトにて11月30日(木)まで販売される。※販売期間中でも在庫がなくなり次第販売終了

文学の秋は多くの人に愛される名作を片手に、コーヒーの味わいからも文学の世界をイメージしてみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。