ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

本当のところ、いったいハロウィンってなに?〜ハロウィン発祥は意外な国!〜

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
日本でもすっかりメジャーになった、10月31日のハロウィン。かぼちゃを飾ったり、ハロウィンのパーティをしたり、大人も子供も楽しみます。

でもいったい、ハロウィンって何を意味するのか、あなたは知っていますか?

ハロウィンはどこから来たの

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
ハロウィンはアメリカから来たのではないか、と思っている人が多いのではないでしょうか。

ハロウィンの起源は、アメリカではなく実は「アイルランド」。アイルランドでは、ハロウィンは祭日(アメリカでは、ハロウィンは祭日ではありません)。1000年も前に、アイルランドで最初に祝われました。

キリスト教以前のアイルランドやスコットランド、ウェールズのケルト人によって祝われていた、古代の祭りサムハイン(Samhain)に起源があります。古代ケルト人にとって冬が一年の始まりで、来年の豊作を祈り、収穫祭を祝いました。サムハインには残酷な史実もあるようですが、ここでは割愛します。

死者の国と現世の境目があいまいになると考えられた10月31日

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
ケルトにとっては、11月1日が収穫期の終わりと新年の始まりで、夏は10月31日に終りとされました。10月31日の夜は、古代アイルランド人にとって物事が移り変わる時期。霊界とこの世が交差して、10月31日には死者の精神が復活し、死者の魂が元の家に戻ってくると信じられたのです。

来たるべき年を祝い、復活する悪霊を避けるために、10月31日の夕方と翌日までに巨大な炎を焚く火祭りが行われました。古い火が消され、新たな火を付け直して新年を迎えるというものです。

日本のお盆や新年の行事に似ていますね。

さて、ハロウィンといえばかぼちゃのお化け。なぜ、かぼちゃなのでしょうか?

かぼちゃをくりぬくのはなぜ

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
かぼちゃをくり抜いたお化けは、「ジャック・オ・ランタン(Jack O’Lantern)」といいます。

アイルランドの民話から来た「ジャック・オ・ランタン(Jack O’Lantern)」は、「ちょうちんのジャック」を意味します。

アイルランドの民話「ジャック・オ・ランタン(Jack O’Lantern)」

昔むかし、ジャックという酒好きでけちんぼの男がいました。ジャックは自分のお金で酒を飲むことを嫌い、他人を騙しては酒を飲んでいました。

ある日、ジャックの魂を取ろうと酒場に現れた悪魔を、逆に騙して酷い目に遭わせ、悪魔に自分の魂を取らないことを約束させました。

その後ジャックは年をとって死にました。日頃の行いが悪かったため、もちろん天国には行けません。かといって、地獄には騙した悪魔がいて魂を取らないと約束させたので、地獄にすら行けません。

天国と地獄の間の暗闇で彷徨うジャックに、悪魔は道を照らすために地獄の炎を少し分けてくれました。ジャックは道端にあったカブをくりぬいて、暗闇を照らすちょうちんにしました。

今でもなお、ジャックは地獄の炎のちょうちんを下げて冷たい暗闇を照らし、あてどもなく天国と地獄の間を彷徨い続けているそうです。

意訳 青山沙羅

参考 
[“The Lost History of the Jack O’Lantern” Owlcation]
[History of the Jack O’ Lantern – Halloween – HISTORY.com]

ジャック・オ・ランタンは、当初はカブで作ったちょうちんだったのですね。

本場アイルランドのハロウィン・デザートとは

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
Barmbrack

ハロウィン発祥の地アイルランドでは、Barmbrack(バーンブラック)というケーキを食べて祝うそうです。

ケーキの中には、将来を意味するお楽しみが隠されています。ケーキの中の指輪は「ロマンスと幸福」、硬貨は「繁栄(お金持ちになれる)」を意味。隠された宝を見つけた人は、それぞれの運命を見つけられると信じられています。新年を祝うフランスのケーキ「ガレット・デ・ロワ」と同じですね。

1800年代に、アイルランドからアメリカに渡った

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
19世紀にアイルランドでは、酷い飢饉(ジャガイモ飢饉)に見舞われ、100万人以上がアメリカに移民しました。アイルランド移民がアメリカに根付くと同時に、ハロウィンの伝統がアメリカにも広まったのです。

アメリカに移り、一般的になるにつれ、コマーシャル部分的なものが大きくなりました。宗教的な意味や迷信はなくなり、お遊び的な要素が増え、楽しむイベントに変化したようです。ただし、死者のお祭りということで、キリスト教徒はハロウィンを好まず認めないとも言われています。

前述のランタンも、カブからかぼちゃに変化したのは、アメリカに上陸してからのようです。アメリカでは、かぼちゃが多く収穫されたからでしょう。

次はハロウィンに仮装をする由来について。

仮装をするのはなぜ

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
10月31日は死者が復活する日。悪霊や魔女もこの世にやって来て、生きている人間から魂を奪うと思われていたようです。そこで、人々は自分たちが人間だと気付かれないように、悪霊や魔女になりすます仮装するようになったという説もあります。

トリックorトリートの由来は

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
ハロウィンの合言葉のような「トリックorトリート(Trick or Treat)」。いたずらされたい? それとも何かおもてなししてくれる? という意味ですね。

起源は諸説あるようですが、子どもたちが悪霊に扮して家々を訪問し、玄関で “Trick or Treat” のおもてなしをして立ち去ってもらう、悪霊払いの意味があるようです。

アメリカに渡ってからは、製菓メーカーが商業ベースで盛り上げた感がありますね。「お菓子をくれなきゃ、イタズラしちゃうぞ」は、アメリカに渡って後年付加したものだと思われます。日本の製菓会社によるバレンタインの普及のようなものでしょう。

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
意外に知らなかったハロウィンの由来あれこれ。発祥はアイルランドとは、筆者も知りませんでした。また、日本のお盆や新年の行事と似ているという、不思議な繋がりもありましたね。

今年のハロウィンでは、こういったウンチクを披露してみるのも面白いかもしれませんよ。

[History of Halloween]
[「アイルランド人とハロウィーン」 アイリッシュネットワーク・ジャパン]
[“Top ten Irish traditions for Halloween (VIDEO & PHOTOS)” Irish Central]
[”The birthplace of Halloween isn’t where you’d expect” Business insider]
[“The origin of Halloween lies in Celtic Ireland” Irish Genealogy Toolkit]
[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。