体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当のところ、いったいハロウィンってなに?〜ハロウィン発祥は意外な国!〜

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
日本でもすっかりメジャーになった、10月31日のハロウィン。かぼちゃを飾ったり、ハロウィンのパーティをしたり、大人も子供も楽しみます。

でもいったい、ハロウィンって何を意味するのか、あなたは知っていますか?

ハロウィンはどこから来たの

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
ハロウィンはアメリカから来たのではないか、と思っている人が多いのではないでしょうか。

ハロウィンの起源は、アメリカではなく実は「アイルランド」。アイルランドでは、ハロウィンは祭日(アメリカでは、ハロウィンは祭日ではありません)。1000年も前に、アイルランドで最初に祝われました。

キリスト教以前のアイルランドやスコットランド、ウェールズのケルト人によって祝われていた、古代の祭りサムハイン(Samhain)に起源があります。古代ケルト人にとって冬が一年の始まりで、来年の豊作を祈り、収穫祭を祝いました。サムハインには残酷な史実もあるようですが、ここでは割愛します。

死者の国と現世の境目があいまいになると考えられた10月31日

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
ケルトにとっては、11月1日が収穫期の終わりと新年の始まりで、夏は10月31日に終りとされました。10月31日の夜は、古代アイルランド人にとって物事が移り変わる時期。霊界とこの世が交差して、10月31日には死者の精神が復活し、死者の魂が元の家に戻ってくると信じられたのです。

来たるべき年を祝い、復活する悪霊を避けるために、10月31日の夕方と翌日までに巨大な炎を焚く火祭りが行われました。古い火が消され、新たな火を付け直して新年を迎えるというものです。

日本のお盆や新年の行事に似ていますね。

さて、ハロウィンといえばかぼちゃのお化け。なぜ、かぼちゃなのでしょうか?

かぼちゃをくりぬくのはなぜ

本当のところ、いったいハロウィンってなに?
かぼちゃをくり抜いたお化けは、「ジャック・オ・ランタン(Jack O’Lantern)」といいます。

アイルランドの民話から来た「ジャック・オ・ランタン(Jack O’Lantern)」は、「ちょうちんのジャック」を意味します。

アイルランドの民話「ジャック・オ・ランタン(Jack O’Lantern)」

昔むかし、ジャックという酒好きでけちんぼの男がいました。ジャックは自分のお金で酒を飲むことを嫌い、他人を騙しては酒を飲んでいました。

ある日、ジャックの魂を取ろうと酒場に現れた悪魔を、逆に騙して酷い目に遭わせ、悪魔に自分の魂を取らないことを約束させました。

その後ジャックは年をとって死にました。日頃の行いが悪かったため、もちろん天国には行けません。かといって、地獄には騙した悪魔がいて魂を取らないと約束させたので、地獄にすら行けません。

天国と地獄の間の暗闇で彷徨うジャックに、悪魔は道を照らすために地獄の炎を少し分けてくれました。ジャックは道端にあったカブをくりぬいて、暗闇を照らすちょうちんにしました。

今でもなお、ジャックは地獄の炎のちょうちんを下げて冷たい暗闇を照らし、あてどもなく天国と地獄の間を彷徨い続けているそうです。

意訳 青山沙羅

参考 
[“The Lost History of the Jack O’Lantern” Owlcation]
[History of the Jack O’ Lantern – Halloween – HISTORY.com]

ジャック・オ・ランタンは、当初はカブで作ったちょうちんだったのですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。