ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

可愛く写る自撮りのコツをプロに聞いてみた!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

可愛く写る自撮りのコツをプロに聞いてみた!
SNSにアップしたり、友達に共有したりするときの自撮り写真は可愛く写りたいですよね。Instagram(インスタグラム)では、芸能人や人気モデルたちの自撮り写真がたくさんアップされていますが、どうしたらあんなに可愛く撮れるのでしょうか!?

 

そこで今回は20〜30代女性のお悩みをもとに、モデルとプロカメラマンの両輪で活躍する新垣瑞貴さんに、可愛く撮れる自撮りテクを直撃インタビューしてきました。

 

■自撮りに自信がない女子、95%も!

 

まずは、20〜30代女性に「自撮りに自信がありますか?」と尋ねてみました。すると、なんと95%が「自信がない」という回答に! やっぱり、自撮りって難しいですよね…。

自撮りで使っているテクニックを聞いてみたところ、

 

●「セルカ棒を駆使し、光の加減を調節しながらアプリに頼りつつ撮る」(34歳)

●「カメラを斜め45度傾けて顎を軽く引いて撮る」(27歳)

●「光の下で撮影する、自分の利き顔を見つけどの角度が可愛くみえるか見つける、メイクを濃いめにして撮影する、カメラの下に白い画用紙を置いて撮る」(29歳)

●「自分の左右写りが良い方を覚えておき、そちらが見えるように写す」(30歳)

 

「アプリに頼る」「写りのいい角度から撮る」という回答が多く、セルフ棒や広角レンズを使うという声もありました。

 

■自撮りで教えてほしいテクニック1位は、自然な笑顔

 

「自撮りで教えてほしいテクニック」で特に多かったTOP5について、新垣瑞貴さんにプロならではのアドバイスを頂いたので、ご紹介します!

 

■1位:自然な笑顔のつくり方(43%)

 

自然で可愛いい笑顔で写真を撮るのって、すごく難しいですよね。自分では笑顔のつもりでもこわばっていたり…。新垣さん、どうやったら自然に笑顔をつくれますか?

 

「自撮りで笑顔をつくるときは、満面の笑みよりも、ふふって笑うくらいがちょうどよい感じに撮れます。目が細くなるほどの笑顔も素敵ですが、自撮りのときは意識して笑い過ぎない方が自然に撮れます。口角を上げて、歯は少し見えるくらいで、歯ぐきは見えないように気を付けますね。目はぱっちりと大きく開いている方が、やっぱり可愛く撮れますよね。コツは撮る前まで下を向いて、撮る時に上をぱっと見ると目がぱっちりしてうまく撮影することができます」

 

■2位:スマホのカメラの角度(18%)

 

続いてのお悩みは「スマホのカメラの角度」。どんな角度で撮れば、きれいに撮れるのでしょうか。

 

「私は真正面で撮ることが多いのですが、だいたいスマホのカメラを上からちょっと下向きに傾けて撮ります。顔の下から撮ると鼻の穴が写ってしまうので、鼻よりちょっと上くらいから撮るといいですね。そうすることで、顔も小さく見えます。カメラの位置を変えるのではなく、顔の角度を変えて撮った方が変化も出せるし、安定して撮れます」

 

■3位:小顔に写る(15%)

 

顔の上から撮ると小顔に写るという話が出ましたが、次はまさに「小顔に写る」にはどうしたらいいかというお悩みです。ほかにも小顔撮影テクあります?

 

「まず、顎は下げること。そして目を上げると大きく写ります。また、顔を斜めにして写すと顔の面積が減るのですっきり見える効果があります。あと私がよくやるのは、手で顔の一部を隠したり、物で覆ったり、髪をかき上げて顔を隠したりします。顔を全部入れないというのも小顔に写るいいテクニックになると思います」

 

■4位:自撮り映えするポーズ(11%)

 

可愛い自撮りを撮るポーズも大事だと思うのですが、どんなポーズをしたら自撮り映えしますか?

 

「私は片手を顔の前に置いたり、物を顔の前に置いたポーズが好きでよく撮ります。化粧をしているのなら、まつげが長くきれいに見えるウインクポーズもおすすめです。がっちり決めるよりも自然な感じで撮るようにしていますね」

 

■5位:加工の仕方(10%)

 

写真の加工についても教えてほしいという声があるのですが、新垣さんはどのように加工していますか?

 

「私は、加工はほとんどしてなくて、スマホで撮るときは『B612』というアプリを使っています。サクサク撮れるし、フィルターがたくさんあるので便利ですよ。周りが暗くなったりするカメラモードとか、肌がきれいに撮れるフィルターとか、楽しみながら撮ることができます」

 

そのほかのおすすめテクとして、暗いところで撮影するとノイズが入ってしまって、顔がきれいに撮れないので、比較的明るいところで撮影する方が絶対によいとのこと。ただし、明る過ぎても白とびしてしまいますよね。新垣さんは、朝なら直射日光を避けて、白いカーテンを挟んで撮ったりするそうです。日が落ちてきたときも狙い目で、夕日の逆光で撮るととてもきれいに撮れるそうです。モデルとしての撮影もそのくらいの時間帯で撮ることが多いのだとか。

 

新垣さんの自撮り写真はInstagramにたくさんアップされているので参考にしながら、今回のおすすめテクを、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

【取材協力】

んちょ(新垣瑞貴) さん

現役モデル兼フリーランスカメラマン。広告のモデルや作品モデルを中心に活動しながらカメラマンとしても活躍。家族やカップル、広告撮影など多数こなす。また、直接指導のカメラアカデミーの講師も行う。ミス・ユニバース2016ファイナリスト。C CANNEL公式クリッパー。

Twitter:@photogaki1126 / Instagram:ntyo1126

 

【データ出典】

ゼクシィユーザーアンケート

調査期間:2017/8/10〜8/31

有効回答数:221人(女性)

 

 

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

関連記事リンク(外部サイト)

ドン引きに注意!合コンでの笑える人たち
男性に聞いた!一番目の行く女性の体のパーツ
モテる女子の「ギャップ効果」って何?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。