体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の価値、ちゃんと伝えてる?―ウルシステムズ漆原氏が「オファーしたくなるレジュメ」とは?

やってきたことではなく「得意なこと」が知りたい

――CodeIQが提供する「moffers」は、登録されたレジュメに年収保証型オファーを送る転職支援サービスです。漆原さんはレジュメから、スキルやキャリア、人物面をどのように判断していますか?

レジュメから多くを読み取るのは、正直なところ難しいですね。エンジニアのレジュメってやってきたことを羅列したものがとても多い。実際にはそれら全部が得意ということはありませんよね。かじっただけのものもあれば、経験豊富なものもある。

そのレベル感をレジュメから見極めるのは簡単ではありません。しかも、大抵は「やらされてきた」ものばかりです。本人の意思じゃない。

もちろん、経験したことは事実として書いてください。ただ、もう一歩踏み込んで、メリハリをつけてもらうとより良いと思います。「自分が得意なのはコレ」がわかると、拝見する側としても判断がしやすくなります。

得意なのがJavaのようにポピュラーな開発言語だったら、もう一ひねり必要です。同じようなキャリアをもった人はたくさんいるので、埋もれてしまう危険性がある。

そこで、例えば自分は何が好きで、何が得意か…すなわち「自分のは何屋か」を書く。「自分の意志でどうしてきたか」を記載する。そうすると、その方のスキルだけでなく個性も見えてきます。

ウルシステムズ株式会社 代表取締役社長 漆原 茂氏

――事実だけを記していて、具体的な説明がないレジュメは判断できない、ということですね。

残念ながら、そうですね。「プロジェクトリーダーをしていた」「プロジェクトマネージャーの経験がある」という記述もよく見かけますが、その事実しか記されていなくて、「それで自分の意志で何をしたのか?」が全く分からない。

プロジェクトでの自分の役割、具体的なエピソードが紹介されていれば、その方が「即戦力のプロマネなのか、それともなんちゃってプロマネなのか」がわかります。

プロジェクトマネージャーという肩書があっても、実際は事務処理しかしていないというケースって、意外に多いですよね。事実、チームメンバーが優秀だと、プロマネって意外にやることが少なかったりするんです。

逆に、プロマネという肩書はなくても、実質的にプロマネの仕事をしている方も大勢いらっしゃいます。二次請けの会社のプロジェクトメンバーの一人ではあるけれど、現場でゴリゴリに手を動かしながらプロジェクトを率いているのは自分で、一次請けの人はほとんど何もやっていない…というケース。

なので、肩書のあるなしは関係なく、その方の役割、それを裏付けるエピソードをもとに「その方の本当のところ」を理解し、評価したいと思っています。

――技術など、スキル面はいかがでしょうか?一つの技術に3年間触れていなかったらスキルとして評価されない、などの声を耳にしますが、どれぐらい前までのスキルならばアピールしてもよいものでしょうか?

得意なもの、好きなもの、人より秀でていると思うものを書いていただくといいですね。そして「過去はこうだった、今はこう」と分けて書かれていると判断がしやすいです。

得意なもの、好きなものを持っている人は、伸びしろがあると思っています。好きで、得意なものがあれば、その情熱をもとにさらに上を目指せますから。

きれいに飾った言葉よりも「本音」のほうが心に響く

――このほかに、レジュメにどんなことが書かれていると、興味を持ちますか?

「転職理由」は記載してほしいですね。転職は、今の環境にはない何かを求めて、環境をガラッと変える人生の一大イベントです。そこには必ずご本人の強い意思があるはずです。

転職理由から仕事に対する姿勢もつかめます。自分の意思でキャリアを切り開いてきたのか、上司に指示されたことをやってきただけなのか。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。