体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありえない!日本人宇宙飛行士が宇宙で驚いたこと6選〜野口聡一氏・大西卓哉氏に独占インタビュー〜

生活・趣味

日本人宇宙飛行士が宇宙で驚いたこと6選/野口聡一宇宙飛行士・大西卓哉宇宙飛行士に独占インタビュー
(C)sweetsholic

市内を流れる世界遺産のミディ運河や、レンガ造りのバラ色の街並みが名高いフランス南西部のトゥールーズ。パリ、マルセイユ、リヨンに次いで4番目の規模を誇る当地は、ヨーロッパにおける宇宙航空産業の中心地としても知られています。

日本人宇宙飛行士が宇宙で驚いたこと6選/野口聡一宇宙飛行士・大西卓哉宇宙飛行士に独占インタビュー
(C)sweetsholic

今年10月に開館20年を迎えた、トゥールーズの観光スポットとして人気の宇宙テーマパーク「シテ・ド・レスパス(Cité de l’espace)」。こちらで、世界中の宇宙飛行士が年に一度集まり各国の宇宙開発の現状などについて多方面から議論する、第30回世界宇宙飛行士会議が10月16日〜20日まで開催されました。

日本人宇宙飛行士が宇宙で驚いたこと6選/野口聡一宇宙飛行士・大西卓哉宇宙飛行士に独占インタビュー
(C)sweetsholic

会議に出席していたJAXAの野口聡一宇宙飛行士と、大西卓哉宇宙飛行士のお二人に接触。国際宇宙ステーション(ISS)滞在中に驚いたことを伺ってみました! 

【野口さんの宇宙ミッション】2005年7月にスペースシャトル「ディスカバリー号」によるミッションに参加、2009年12月〜2010年6月に、ISS第22次/第23次長期滞在クルーのフライトエンジニアとしてISSに約5カ月半滞在。2014年9月から宇宙探検家協会(ASE)の会長を務める。

日本人宇宙飛行士が宇宙で驚いたこと6選/野口聡一宇宙飛行士・大西卓哉宇宙飛行士に独占インタビュー
(C)JAXA

まずは、野口聡一宇宙飛行士の驚いたことからご紹介していきます。

物をなくす

ー野口さん:地上と同じような感覚でペンを置こうとすると、すぐになくしてしまいます。無重力の世界では、物がふわふわ浮かぶため、テーブルに物を置いたとしてもどこかに行ってしまうのです。初めのうちはとても困りました。

意外にも宇宙食はおいしいが、薄味に感じてしまう

ー野口さん:宇宙では、血液が普段よりも頭の方(上半身)にまわります。風邪をひいたときのような状態になり、鼻がつまり気味に。そのような状態なので、味覚が鈍ってしまい味が分かりにくくなります。

宇宙にはレトルトカレーを持っていくことができるのですが、味の感じ方が変わるため、普段は中辛を食べている人でも、宇宙では辛口にしないと辛さが感じられないといったイメージです。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会