体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

抹茶グルメを満喫しながら平等院の散策へ…。【京都】宇治のおすすめ情報5選

興聖寺

人が多いとわかっていても、季節ごとに訪れたくなる京都。思わず撮影したくなるような、素敵なスポットばかりですよね。今回はその中でも、宇治の厳選したおすすめスポット5選をご紹介いたします。1

0円硬貨でおなじみの平等院はもちろん、秋には真っ赤なもみじのトンネルが続く興聖寺、抹茶グルメや抹茶スイーツが楽しめるお店まで、どれも訪れてほしいスポットばかりです。

次の京都散策はぜひ、宇治に決めてみてはいかがでしょうか。

記事配信:じゃらんニュース

1. GOCHO cafe 伍町カフェ

抹茶葉を使った生パスタランチ。

抹茶葉クリームソースの生パスタ抹茶葉クリームソースの生パスタ1000円。ドリンクは+100円、デザートは+380円薄 茶 抹茶エスプレッ ソスタイル650円薄茶 抹茶エスプレッソスタイル650円

宇治抹茶の栽培、製茶を営む茶園清水屋がオーナーの店。単一茶園、単一品種の抹茶を使った「薄茶抹茶エスプレッソスタイル」などの抹茶ドリンクや抹茶スイーツ、フードが豊富。テイクアウトメニューも。 GOCHO cafe 伍町(ごちょう)カフェ

TEL/0774-25-3335

住所/宇治市宇治壱番63

営業時間/11時~18時(土日祝10時~)

定休日/不定

アクセス/JR宇治駅より徒歩4分

「GOCHO cafe 伍町カフェ」の詳細はこちら

2. 興聖寺

真っ赤なもみじのトンネル。

興聖寺

見頃11月下旬~12月上旬

曹洞宗を開いた道元が建立。本堂は伏見城から移築されたと伝わる。石門から山門まで続く琴坂と呼ばれる参道は紅葉の名所で、宇治十二景の一つに数えられている。 興聖寺(こうしょうじ)

TEL/0774-21-2040 a宇治市宇治山田27-1

住所/10時~16時

営業時間/なし

定休日/境内自由(本堂拝観300円)

アクセス/JR宇治駅より徒歩25分

3. 平等院

王朝文化の遺構が紅葉で華やぐ。

平等院池に映る鳳凰堂と、池に浮かぶ散りもみじの競演が感慨深い。梵鐘付近の紅葉も見事

見頃11月下旬~12月上旬

藤原道長の別荘をその子頼通が寺院に。秋は、極楽浄土を思わせる鳳凰堂が真っ赤な紅葉に彩られる姿を鑑賞できる。26体の雲中供養菩薩像を展示する鳳翔館にもぜひ。 平等院

TEL/0774-21-2861

住所/宇治市宇治蓮華116

営業時間/庭園8時30分~17時30分(最終受付17時15分)、鳳凰堂内部9時30分~16時10分(受付9時10分~)、鳳翔館9時~17時

定休日/なし

料金/拝観料600円、中高生400円、小学生300円 ※鳳凰堂内部は別途300円

アクセス/JR宇治駅より徒歩10分

「平等院」の詳細はこちら

4. はんなりかふぇ・京の飴工房 憩和井 平等院店

色とりどりの京飴がたくさん。

千歳飴千歳飴1本86円。写真の抹茶、いちごミルク、ミルクほか、レモン、グレープの全5種京飴ストラップ本物の飴をコーティングした京飴ストラップ702円
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。