ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。

ノルウェーを代表する景勝と言えば、豊かな大自然にオーロラ、U字谷に海水が入り込んでできたフィヨルド地帯。スポットライトが当てられるのはだいたい峡湾だけれど、このニュースが飛び込んできてからは、それが一転。

今は「ノルウェーの海」に、期待が高まっているんです。

“海底世界”へようこそ

2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海底レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンクリートで覆われた設計になっている。手がけたのは、国立オペラ・バレエ劇場などで世界建築賞を受賞した「Snøhetta(スノヘッタ)」。

シャンパンバーも併設された3階建てで、予定されている収容人員は100人前後。実現すれば世界最大規模だ!ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。

照明をあえて暗めの深い青と緑に統一しているのは、海底と中和する色を全面に使うことで、海の生き物の住処を壊したり、邪魔にならないように。位置するのは、ノルウェー最南端の岬「Lindesnes(リンネスネス)」

Undersea._.worldさん(@aqua_world0_0)がシェアした投稿 – 2017 10月 25 2:34午前 PDT

ノルウェーの大西洋には、たくさんのクジラとイルカが生息しているから、ホエールウォッチングを申し込まなくても、運が良ければ急接近できるかも。

海底に足を踏み入れれば、人間はあくまで「お客さん」。彼らの生活を乱すことなく、お邪魔させてもらうというスタンスなのだ。 ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。

上から見ると、こんなふうに地上からスコープを差し込んでいるようで、独特なフォルムになっている。

環境には優しくね
「海洋生物の研究所」だもの

営業時間外は、海洋生物の研究センターとして利用するそう。外壁は、二枚貝や珊瑚が付着できるコンクリート材を採用していて、海のみなさんの新しい住処としても提供。海のクリーンシステムを、手助けしてくれる。

1年中海面の温度がほとんど変わらないことを利用し、室内に熱を送ったり、冷却するヒートポンプの技術も利用するみたい。

地球に優しく、持続的なエネルギー開発の最先端をゆくノルウェーでの挑戦だから、これからの<エンターテイメント商業>としても、新たなモデルになってくれるだろうと期待されている。オープン2年前にして、世界中のメディアに注目されている、第2の理由がこれだ。ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。

しばらくは予約殺到だろうし、2020年を過ぎないと実際に行くのは厳しいと思うけれど、人生で1回はここでシーフードを食べてみたい。Photos byMIR and SnøhettaLicensed material used with permission by Snøhetta

関連記事リンク(外部サイト)

完成は4ヶ月後!?フロリダに「海底ホテル」ができる
氷河期に存在した「海底に沈む森」へご案内。
ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」に出会う旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。