ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

コンビニのカレーパンならローソンが具だくさん

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コンビニのカレーパンならローソンが具だくさん

コンビニの定番フードの1つがカレーパン。どのコンビニでも同じ価格帯で似たようなカレーパンが並んでいますが、どこで買うのが正解なのでしょう。味についてはそれぞれ好みが分かれるところなので、各カレーパンのカレーの量だけでジャッジ。コンビニのカレーパンならローソンが具だくさんです。

コンビニのカレーパンを調べてみた

カレーパンといえば主役はやはりカレー。カレーの味に好き嫌いはありますが、カレーの量については数字で測れます。そこで、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのカレーパンのカレーを抜き取って計量。どのコンビニのカレーパンが具だくさんなのかをコストパフォーマンス含めて調べてみました。

セブンイレブンは「濃厚コク旨カレーパン」。価格は138円となっています。そして、気になるのカレーの量を計測すると30.7gでした。

セブンイレブンのカレーパンは、中に入っているカレーの量はギリギリ30gを超える程度で、コンビニ3社の中では最も少ないという結果です。しかし、パンの中は隙間なく具が詰まっており、ずっしり感は好印象でした。

ローソンのカレーパンが35g超え

ファミリーマートはその名も「カレーパン」です。価格は108円。カレーの量を計測してみると、32.0gという結果。カレーの量は3社中2位でした。カレーの具材についてはそれなりの量があるものの、パンの中にかなり隙間があって実際の大きさ以上のサイズ感になっているのが気になります。

ローソンは「ビーフカレーパン」です。価格は125円。カレーだけを抜き取った重量は35.5gでした。価格は3社中2位ながら、カレーの量は唯一35g超えでトップです。

ローソンのカレーパンは、他のコンビニと比べて中味がたっぷりで具だくさんという結果になりました。カレーの中身もニンジンなどの大きな具材が目立つ点もポイントといえるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

コンビニWi-Fiに自動接続してくれる神アプリ
コンビニコーヒーは保温性に優れるセブンカフェ
コンビニのチキンをお肉の割合で選ぶならセブン
コンビニがさらに便利に使える無料アプリ4選
コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。