体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロンドンに観光ガイド付き「レンタカー」が登場

ロンドンに観光ガイド付き「レンタカー」が登場

ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど、さすがに不慣れな外国の街を運転するのって、ちょっと怖いですよね。そこで、運転手付きのプランもばっちり用意されているんです。

ロンドンにまつわる豆知識から、隠された歴史まで、くすっと笑わせてくれるおしゃべりな紳士(音声ガイド)も付いていて、市内をぐるりと約1時間半。

実際に体験した感想は「え、そうなの?」なんて日本語で運転手に聞いてしまうほど。あ、僕は運転手付きを選択。あのニヤッとした彼のドヤ顔は今でも忘れられませんっ! 

タブレットが観光ナビになり、
隠れた名所を案内してくれる

ロンドンに観光ガイド付き「レンタカー」が登場

こちらが「Yonda」、キュートなコンパクトカーです。専用タブレットがカーナビ代わり、GPS機能で所定の場所に近づくと音声ガイドが流れる仕組みです。

ちょっとコーヒーを買いにカフェに寄ってもOK。彼(音声ガイド)も待ってくれます。団体ツアーじゃなくて、レンタカーですから気ままにいきましょう。アップテンポからクラシックまで、雰囲気にあったBGMもチョイスしてくれて、時々ロンドンジョークも挟んでくるんです。

例えばこんな感じに。ロンドンに観光ガイド付き「レンタカー」が登場

アレキサンダー・マックイーンは、女性ファッションデザイナーとして、イギリスでトップだったかもしれない。

彼は、1980年にこの場所で見習いとして学んでいた。彼は生意気で、ウェールズの王子のために作られたジャケットに落書きをしていた。何を書いたか教えることもできるが、仕返しされたくないのでやめておこう。

ロンドンに観光ガイド付き「レンタカー」が登場ロンドンに観光ガイド付き「レンタカー」が登場

左手に見えるのは、セシル・コート。ヴィクトリア時代の雰囲気が残る通りで、古風な書店が並んでいる。時間を忘れるような、まるでハリーポッターの魔法の世界に吸い込まれるようだ。

ここはJ.K. ローリングがダイアゴン横丁のインスピレーションを受けたところ。ハリーポッターの本を読んだり、映画を見たことがある人にとっては価値のある所かもしれない。

見たことがなければ、私と同じ。まあ、私はただの車だけれども

ロンドンに観光ガイド付き「レンタカー」が登場

楽チンなのに「しっかり」
ロンドンを体験できる

ロンドンに観光ガイド付き「レンタカー」が登場
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。