ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「計量カップは正確に計れない」をGoogle元エンジニアの頭脳が解決

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「計量カップは正確に計れない」をGoogle元エンジニアの頭脳が解決

レシピ通りに料理を作ろうと思ったら、計量カップは欠かせません。ところがカップによって、じつはほぼ確実に誤差が出るって知ってますか?

みんなこれまで見て見ぬフリ、そこに物申したのがJoshua Redstoneさん。この方、GoogleやFacebookで培ったエンジニア経験を活かし、「どうにかこの問題を解決できないか」と、新しいプロダクトの開発に挑戦しました。「計量カップは正確に計れない」をGoogle元エンジニアの頭脳が解決

幾度にもわたる計算と試行錯誤を経て、誕生したのが「Euclid(ユークリッド)」。正確な量を計れる、と太鼓判。

計る量が少ないほど
誤差が大きいのはなぜ?

開発においてJoshuaさんが一番こだわったのは、このカタチだそう。

「従来のものは、少量を小さい計量カップで計ると誤差が少ないのに、少量を大きい計量カップで計ると誤差が大きくなるんですよ」

彼は料理をしている時、このことに気づきました。やがて、この問題に液体の表面積と液体の容量が関係していることに着目します。量が少ないのに表面積が大きいと、誤差が大きくなってしまう。そうして、量が少ないときに表面積が小さくなるよう、下に向けて細くなるカタチに落ち着いたというわけ。これだと、計る液体の量に関係なく、誤差がたったの6%に抑えられるとか。「計量カップは正確に計れない」をGoogle元エンジニアの頭脳が解決

下の部分は持ちやすいグリップになっているので、取手もなくスッキリで洗いやすいカタチになのも好印象。側面が半円のようなカタチになっているのも、さらなる正確さを追求するためです。従来の計量カップのように、淵には注ぎ口が付いているのも便利です。

さらに、小さい単位なら1オンスや1mlの単位まで計ることも可能だというから、お菓子やケーキ作りにおける、細かな分量にも対応できそう。

使った数式は…

「計量カップは正確に計れない」をGoogle元エンジニアの頭脳が解決

これだそう。人の目に透明な容器の中の液体がどのように見えるかを計算するという、正直どうやって導き出したのか皆目見当がつかない計算式です(笑)。

ちなみに、開発には4年もかかったとか。計算に苦戦したことに加え、使いやすい計量カップのカタチをデザインするのにも一苦労したため。それでもJoshuaさん。

「数式を元にデザインされたものが本当に製品化出来るなんて、信じられないよ!」

とすっごく楽しそう。

Kickstarterで資金を集め、目標の30,000ドルに対して370%以上の額が集まりました。一般発売は2018年開始予定。こんなことを真剣に追求してしまう彼の純粋な探究心、あっぱれですね。Licensed material used with permission by EQUATINE LABS

関連記事リンク(外部サイト)

新しくなったGoogleロゴには、「魔法」がかかっている。
「平らな計量スプーン」が、想像以上に便利で驚きを隠せない
グーグル検索だけでお金持ちになる「5つの方法」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。