ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

人工知能が自転車の安全運転をサポート!AI搭載のスマートバイクライト「ACE」が新しい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
自転車の安全をサポートするデバイスは、クラウドファンディングの常連アイテム。需要があるせいか、資金調達の確率も非常に高い。

Kickstarterで公開中の「ACE」も、その1つ。AI搭載のスマートバイクライトということもあって、大人気だ。およそライトらしくない、かわいいデザインも注目したいところ。

・スマホと連携してフレキシブルに稼働

多くのスマートライト同様、「ACE」もスマートフォンと連携して稼働する。

バッテリーチャージはPC、ノートPC、ポータブルバッテリー、携帯用チャージャーといったUSB充電ソースで、手軽に充電。一般的な同等サイズのライトが約3時間なのに対し、最大10時間使用できる。LEDインジケーターを備えているので、バッテリー残量も、ひと目でわかるようになっている。

・独自開発の技術による高精度なライト

注目すべきは、独自開発のAIテクノロジーがもたらした、ライトの精度の高さ。カスタムチップオンボード(CoB)LED技術を利用しているため、従来のライトより大きく明るく見えるのが特徴。1マイル(約1.6キロメートル)離れていても、視認できるという。

道路の交差点や迂回路、接近する車のヘッドライトなど、視認性を向上させる必要があるときは、より明るく速く点滅。あらゆる瞬間を監視し、反応する仕組みだ。夜間のみならず、昼間の可視化に成功している点も、見逃せない。

ライトコントロールなどの操作は、スマホから簡単に行える。各種アラートの対応はもちろん、グループライド用に輝度を調整したり、フラッシュパターンをカスタマイズすることも可能だ。

目標額には到達したが、支援はまだまだ受け付け中。プレオーダーは、25ユーロ(約3300円)から。締め切りは、11月12日。

ACE/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。