体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポーランドの治安は?物価は?ポーランド旅行の基本情報まとめ

ポーランドの治安は?物価は?ポーランド旅行の基本情報まとめ

今回は中央ヨーロッパの要、ポーランドの旅行情報をお伝えします。2016年、日本(成田空港)とポーランド(ワルシャワ空港)との間に直行便が開設されました。

また、国内ではポーランドに関するイベントが次々と開催されています。ぜひ、この機会にポーランドを訪れてみましょう。

 

*編集部追記
2016年11月の記事に新たに3選追記しました。(2017/10/28)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ポーランドに行ってみての感想

photo by shutterstock

全体の感想としては、ポーランドは西側諸国と違ってどこか旧ソ連らしい雰囲気があり、とても興味深いと感じました。ヨーロッパの東側独特のちょっとピリッとした空気は、私はとても好きです。

ポーランドは物価も安く食べ物もおいしかったので、旅人に好かれる要素をバッチリ持っている国だなと感じました。私はポーランドでいろいろなカフェに挑戦したのですが、どれもハズレがなくおいしかったです。

 

ただし冬の寒さは非常に厳しいので、できれば夏に訪れるのがおすすめです。冬は冬でまた魅力がありますが、寒いのが苦手な方はあまり観光を楽しめないかもしれません。

 

旅行のルート

photo by shutterstock

私が訪れたのはワルシャワと、グダンスクというポーランドの北部の街です。私はワルシャワに3泊しましたが、街の規模が大きかったので、もっとゆっくり時間を割けば良かったと後悔しました。次回ポーランドに行く機会があれば、再度ワルシャワを訪問したいです。

 

グダンスクはこじんまりとしていますが、中世の街並みが残るとてもきれいな街です。海が見えるのも好印象で、可愛らしいカフェもあり、とても気に入りました。

 

おすすめの都市

photo by shutterstock

私がおすすめするのは、歴史と近代化が味わえる、世界遺産にも登録されたポーランドの首都・ワルシャワです。旧市街の広場には間口の狭い可愛らしい石造りの建物が並び、ストリートミュージックに客待ちの馬車、おしゃれなカフェなど、まさに見所満載です。
他におすすめの記事はこちらです
ポーランドの代表的な料理&スイーツ33選
ポーランド旅行でおすすめの観光スポット26選

 

物価

P9150300

photo by 新田浩之

ポーランドは周辺のヨーロッパ諸国と比較すると、物価は低めに抑えられています。首都ワルシャワにあるホステルで1泊1,000円前後、ちょっとした高級レストランでも3,000円前後で済みます。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。