体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国の治安は?物価は?中国旅行の基本情報まとめ

中国は私たち日本人にとっては、お隣にあるご近所感覚の大きな国ですね。しかし、一口で中国旅行といっても行先によって全くイメージが違います!

未来都市「上海」を歩きたいという人もいれば、パンダに会いに「成都」に行きたい人、そして万里の長城や九塞溝など、本当に見所がありすぎて困ってしまうのが中国です!何かと流儀が異なることを耳にすることも多く、どのエリアであれ、安全に関する基本情報をチェックしておくことをおすすめします。

この記事では、気になる2017年現在の中国の治安と物価について様々な角度からリサーチした結果をお伝えします!

*編集部追記
2017年10月公開の記事に、新たに項目を追加しました
2017年12月の記事に、新たに項目を追加しました(2018/01/07)

 

中国旅行の感想

photo by pixta

私は今までに何度か中国を訪れていますが、中国は非常に面積が広いため、場所ごとに街の雰囲気や人の感じが大きく違う印象を受けます。漢民族、チベット人、ウイグル人など顔のつくりも異なり、特に西のほうのイスラム教徒が多い地域では、まるでトルコ人のような見た目をした人が多くビックリします。

中国は料理がおいしく値段も安いので、食事に困ることはあまりありません。ただし少し油っこいので、食べすぎると他の国の料理が欲しくなります。現地の人も親切で、小さな町では英語があまり通じませんが、日本人は漢字でコミュニケーションをとることができるので、漢字が読めてラッキーだと思うことがよくありました。

一度タクシーの運転手からぼったくられそうになったことがあるので、やはり治安や軽犯罪には注意が必要です。ですが、ある程度気をつけていればそれほど嫌な経験をすることはないでしょう。

 

旅行のルート

photo by pixta

私が最後に中国を訪れた時は、中国の西部、いわゆるイスラム教徒が多い地区を旅しました。ウルムチ、敦煌、蘭州、上海と旅し、日本に帰ってきましたが、中国西部は東部とは雰囲気が大きく異なり、非常にエキゾチックな空気がありました。

中国政府による開発はどんどん進んでおり、例えばウルムチなどは街自体は非常に都会でしたが、プロフやシャシリク、ラグマンなど中東や中央アジアで食されるグルメも楽しめ、いわゆる日本人が想像する中国とはまた違う楽しみ方ができる場所です。

日本からはちょっと遠いですが、その分大きな文化の違いを楽しめるので、おすすめのルートですよ♪

 

おすすめの都市

photo by pixta

四川省の大都市・成都は、「パンダのふるさと」、「三国志の舞台」として有名です。諸葛孔明や劉備ら「三国志」の英雄が活躍した蜀の都・成都は、「天府の都」と呼ばれた肥沃の地です。

街の東側は昔からの繁華街で、デパートや高級ホテル、商店がひしめきあっています。さらに中国を代表するグルメ・四川料理の本場としても知られています。

 

2017年時点の中国の治安

photo by pixta

最も気になるイスラム過激派関連のテロ事件は、中国では「新疆ウイグル自治区」以外は発生していません。また、軍隊や警察が非常に大きな権力を持っているため、世界の中でも治安はよい国の部類に入るといえるでしょう。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。