体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜7時、生まれて初めて僕は収監された…。

夜7時、生まれて初めて僕は収監された…。

リアルすぎる…。実際に使われていた刑務所から脱獄するゲーム「Prison Escape」に参加した、僕が抱いた正直な感想です。

10年ほど前アメリカで大流行したTV番組『プリズン・ブレイク』さながらの緊張感。あの地下へ扉が怪しいな、いや待て待て、その先に看守がいるかどうかわからない。ん、この手紙とコインは……。

ゲーム開始前にPrison Escapeクリエイティブ・プロデューサー兼オーディオデザイナーのFelix氏とCEOのRik氏にインタビューを敢行しました。二人の話も交えながら、唯一無二の脱獄ゲームを紹介します。

リアル刑務所脱獄ゲーム
「Prison Escape」

アムステルダムから南へ電車で約1時間、ブレダーという街にその元刑務所があります。

週末を中心に定期的に開催される脱獄ゲームは、およそ80名のプロの役者たちが看守側、チャレンジャーは囚人側となり脱獄を試みるというルール。

最大収容人数は400名とかなり大規模で、チケットは€65〜75€(約8,600円〜約10,000円)程度といいお値段。囚人服に着替えさせられ、本物の受刑者さながら写真撮影も。もちろん僕もパシャり。このときはまだニコニコしていられたのです。夜7時、生まれて初めて僕は収監された…。夜7時、生まれて初めて僕は収監された…。夜7時、生まれて初めて僕は収監された…。

それは、ゲームというより
「映画」の中にいるような体験

さて、ここからはインタビュー形式で詳しくご紹介。まずはじめにCEOのRik氏にお話を伺いました。夜7時、生まれて初めて僕は収監された…。 ——どうしてこのゲームを思いついたのですか?夜7時、生まれて初めて僕は収監された…。

Rik氏:約4年前にゲームデザイナーと共にエスケープルームというものをやっていました。6人でパズルを解いて1時間以内に部屋から脱出するようなゲームです。もっと大きくやってみたいと仲間と考えていたところ、たまたま友人がロッテルダムにある刑務所が空くということを知らせてくれたんです。

そして大きなゲームになった場合、パズルを解くだけでなく、役者を使ってインタラクティブな劇場型にする必要があると学びましたね。ゲームというよりは「映画」の中にいるような体験かな。

(現在ロッテルダムにあった刑務所は住宅地になってしまったため、ブレダ−にある刑務所を使ってゲームを運営している)夜7時、生まれて初めて僕は収監された…。
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。