体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今を生きる、白いうつわ。

生活・趣味
今を生きる、白いうつわ。

こういう仕事をしていることもあり、毎日いろんな情報にふれる。気になる情報はたくさんあるものの、そのなかで記事化するものはごくわずかだ。そしてそのボーダーラインは私のなかでは明確で、それは、そこに物語があるか、ということである。

以前、D&DEPARTMENT監修の佐賀ツアー「シェアトラベル」に参加した、という記事をアップしたのだが、そのときとりわけ気になったお店があった。それで、いつか記事を書きたいなあ、と思っていた。

そのお店は、今村製陶 町屋。有田焼の新ブランド「JICON」の直売店だ。私はここで、すてきなうつわと、すてきな物語に出会った。

有田焼といえば
青白っぽい感じだけど…

「JICON」のうつわは、クリーム色っぽいあたたかな白色だ。今を生きる、白いうつわ。今を生きる、白いうつわ。

「有田焼というと、こういう色はあまりよくないとされるんですけどね(笑)」

そう語ってくれたのは、代表の今村肇さん。
今村さんは創業350年の窯元「陶悦窯」の次男だ。多治見市陶磁器意匠研究所で陶磁器を学んだあと、多治見にある美濃焼の問屋で3年間勤めた。その後、実家の窯元で修行を積みながら、2012年には手工業デザイナーである大治将典さんと初めてオリジナルの有田焼を作った。2014年に独立し、現在は奥さんの麻希さんとともに直営店を経営している。

「正直でうそのない暮らしを実感したいという思いから、“素材感のある暮らし”のためのうつわにしたいと思いました。そして、ありのままの陶石の白・釉薬の白を大切にして、生成りの白を作り上げたんです」

私は、1枚のうつわをいろんな用途に使う。和食にはこれ、中華にはこれと決めている人がいるならそれはそれで感心するけれど、現代の暮らしを営む私たちに必要なのは、孤高の1枚というよりは、日常によりそってくれる1枚なのでは、と思っている。

そして、それは白ければなんでもいいというような話ではなく、そのなかでちゃんとお気に入りの1枚であってほしいのだ。とりだすとき、料理を盛りつけるとき、食べるとき、毎回「ああ、大好き!」と思いたいのである。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会