体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

え、まだ塩焼き?料理上手はさんまを「コンフィ」にしているらしい【作り置きもOK】

f:id:kanagohan:20171025164001j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

すっかり秋ですね! 秋といえばさんま! 今しか食べられない旬の味覚です。ただし、今年のさんま、とくに生さんまはちょっとお高め。冷凍サンマなら少しは買いやすいでしょうか。そこで今回は、冷凍さんまもおいしくいただける「コンフィ(オイル煮)」をご紹介します。焼き魚にはもう飽きた、という方にはオススメですよ!

北嶋佳奈の「さんまのコンフィサラダ」

【材料】(2人分)

さんま 2匹 にんにく 1かけ 鷹の爪 1本 ハーブ類(ローズマリーやローリエ) 適量 オリーブオイル 適量 レモン汁、塩、ブラックペッパー 適量 おこのみの野菜

作り方

f:id:kanagohan:20171025164004j:plain

1. さんまは頭と内臓を取り除いて洗い、骨ごとぶつぎりにする。塩をたっぷりふって20分ほどおき、水気をふきとる。にんにくはつぶし、鷹の爪は半分に折って種を捨てる。

f:id:kanagohan:20171025164007j:plain

2. 小鍋または小さいフライパンにオリーブオイル(さんまがひたひたになるくらいの量)、にんにく、鷹の爪、ハーブ類を入れ弱火にかけ、小さく泡立ってきたらさんまを加えて40分ほど弱火で煮る。これで「さんまのコンフィ」の完成。

3. お好みの野菜と「さんまのコンフィ」を皿に盛り、コンフィを漬けていたオイルとレモン汁、塩、ブラックペッパーをかける。

使い勝手よし! 日持ちするさんまのオイル煮

f:id:kanagohan:20171025163958j:plain

コンフィは弱火でじっくりがポイント。油に浸して100℃のオーブンで2時間ほど加熱する方法でもOKです。作ったコンフィはオイルに漬けたまま冷まし、冷蔵庫で1週間ほど日持ちします。そのまま食べるのはもちろん、オイルごとパスタに合わせるもよし、バゲットにのせておつまみにするもよし!

f:id:kanagohan:20171025164010j:plain

さんまの油にはサプリメントなどでもおなじみのDHA、EPAが豊富に含まれていて、これは漬けているうちにオリーブオイルも溶け出ていると考えられます。風味もよく栄養価も高くなっているので油は捨てずに、パスタやいろいろなお料理にぜひ活用してみてください。では、また!

作った人:北嶋佳奈

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。