ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

おせんべいなのに糖質30%オフ! 『亀田のおいしくオフ習慣 うす焼きクリスプ』がうれしすぎる!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

どこを向いても糖質制限ダイエット/ロカボ食という現代社会に、あられ、おせんべいなどで有名な亀田製菓がついに立ち上がった!『亀田のおいしくオフ習慣 うす焼きクリスプ』は、糖質オフシーンでは糖質の塊の汚名を余儀なくされているおせんべいなのに、糖質30%オフという奇跡のような製品。待ちかねていた人も多いはず!

お米をそーっと(?)おからに置き換えることによって実現した糖質オフおせんべい! レタス約1.4個分の食物繊維入りで誕生した奇跡のせんべいは美味しいのか!?

 

亀田製菓といえば「亀田の柿の種」「ソフトサラダ」「ハッピーターン」「おばあちゃんのぽたぽた焼」など不朽の名作を世に送り出してきた、あられ・おせんべいシーンの老舗ヒットメーカー。しかしこの糖質を目の敵にする近年の社会においては、米を圧縮して生産されるせんべいは糖質の塊であり、いささか不利。泣く泣くダイエットのために我慢している人も多いだろう。

糖質制限ダイエッターの夢がついに叶った。

 

そこに朗報! ダイエットの大敵・糖質量を30%カットした『亀田のおいしくオフ習慣 うす焼きクリスプ』(45g/8枚入×4袋・参考小売価格 税抜190円・2017年9月11日発売)を紹介したい。たった3割と思うなかれ、この中は4つの袋に個別包装されており、ひと袋(8枚入)ならば糖質量はわずか6.0g。これならティータイムのひとときに食べても問題ない。

ここで糖質オフ化されているのは、同社の「サラダうす焼」。塩味でパリパリ感が癖になるタイプのうす焼きせんべい。どうやってオフしているかというと、原料のうるち米の一部をおからに置き換えているんだとか。そのため食物繊維量もレタス約1.4個分とヘルシーさを高めることに。ついでに減塩にもなっているのでお年寄りにも安心。

とはいえ美味しくなければ、どんな工夫も意味がない。とにかく『亀田のおいしくオフ習慣 うす焼きクリスプ』を食べてみよう。

大きなパッケージの中には小袋が4つ。そのひと袋には8枚のうす焼きせんべいが入っている。通常の「サラダうす焼」よりさらに4割生地が薄くなっていて面白い。味はうましお味。野菜の旨味を混ぜ込んだオイルに天日結晶塩を振りかけた。

薄い!

 

それでは一口。パリパリ度マックス! 冬の朝の薄く張った水たまりの表面のようなパリパリ感は、薄くなることでさらにパワーアップ。そして旨味がふんわり広がって、粉々となったせんべいらしい食感を味わえる。これは普通に美味しいじゃないか。

軽い!

 

確かによくよく味わえば、どこかにおからがいるような気もするが、言われなければ気づかないはず。塩分も減らしている割にはしっかり味があって、普通の健康派せんべいのような物足りなさは感じない。食物繊維が多いせいか、結構食べがいもあって、小袋ひとつで結構な満足感を感じることができる。

でもパリンパリンで美味しい!

 

糖質制限ダイエット/ロカボ食を実践している人の選択肢を増やしてくれる、糖質オフせんべい。普通に美味しくて感動するので、ぜひ一度ご賞味を。

 

亀田製菓 うす焼クリスプ 45g×12袋
亀田製菓 うす焼クリスプ 45g×12袋

 

関連記事リンク(外部サイト)

糖質ゼロのサラダチキン!『RIZAP サラダチキンバー』はワンハンド食べ歩きも可能な超美味ダイエット食!
ヒトが生きるのに必要なすべての栄養素が入っていると話題の完全食グミ『COMPグミ』を味わった!
究極簡単カップ朝食『グラノラブロック<カップ>』。脱・朝食抜きで午前中から最高のパフォーマンスを!
大ヒット「燃えよ唐辛子」続篇『大炎上唐辛子』登場! 全国の“激辛大好き戦士”に新たなる挑戦状か
ヘルシー・スイーツの総本山シャトレーゼが放つシールド乳酸菌入り『乳酸菌デザートアイスボール』!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。