体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ未発表の富士通製端末「F-09D」がFCCを通過

富士通のNTTドコモ向け端末と見られる「F-09D」がFCCの認証機器リストに掲載されました。FCC IDは「VQK-F09D」。「F-09D」というドコモ型番の機種発表されないので詳細は不明ですが、認証情報の機器説明項目には”Mobile Phone”と記載されており、Wi-FiおよびBluetothでも認証を受けていること、バッテリー容量が1,460mAhであることからスマートフォンと予想されます。OSは不明。認証は、GSM 850/1900MHz、WCDMA 850MHz、Wi-Fi 2.4GHz帯のみ、Bluetooth、RFID 13.56MHzで取得しています。端末写真やマニュアルなど一部資料に対して、FCC規則に基づいた短期的な非公開要求が申請されています。その期間は認可後60日間で終了する予定とされているころから、F-09Dは今後2ヶ月のうちに発売されると思われます。夏モデルの中でも発売は早い方ではないかと思います。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、中国で4インチqHD・デュアルコアCPU搭載Androidスマートフォン「XT760」を公開
Xperia arc SのAndroid 4.0アップグレード、英国では5月下旬~6月上旬より開始予定
HTC One Xでスクリーン上のメニューボタンを端末操作ボタンに移す方法

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。