体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外製フリーホラーゲーム『Pocket Mirror』日本語完成版が公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はホラーADVのリリースに関するものなど8本です。

謎解きゴシックホラーADV『Pocket Mirror』日本語版公開
pocket-mirror-1 pocket-mirror-2

海外のゲーム開発チームAstral Shiftによる謎解きゴシックホラーアドベンチャーゲーム『Pocket Mirror』の日本語版が21日にフリーゲームとして公開された。

少女が不思議な世界を、謎解きをしながら進む作品。『Ib』や『魔女の家』のような日本のRPGツクール製ゲームにインスピレーションを得て制作されたという。2015年に日本語デモ版が公開されており(関連記事)、今回完成版が公開された。

PLAYISM、ホラーADV『返校 -Detention-』日本語版リリース
detention

PLAYISMは27日、台湾のインディーデベロッパーRed Candle Gamesが開発したホラーアドベンチャーゲーム『返校 -Detention-』の日本語版をリリースした。SteamおよびPLAYISMで購入でき、PLAYISMでの購入によりSteamキーも入手できる。

1960年代の台湾、架空世界の学校を舞台にした作品。当時の台湾の宗教や風習がゲームに組み込まれている。

PLAYISM、探索ホラーADV『操: Definitive Edition』リリース
misao-1 misao-2

PLAYISMは25日、せん氏(ひとでなしの空間)制作の探索ホラーアドベンチャーゲーム『操: Definitive Edition』をリリースした。SteamおよびPLAYISMで購入でき、PLAYISMでの購入によりSteamキーも入手できる。

2011年にリリースされたフリーゲーム『操』の有償リメイク版。行方不明となったクラスメイトを救うため、さまざまな怪現象が起こる学校を探索していく。「Definitive Edition」ではグラフィックやシステムが一新され、イベントシーンが追加されている。

女性向け恋愛ファンタジーADV『嘘つきな王様の騙し方』Steam配信開始
usodama-1 usodama-2

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。