ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

日本の森林率は先進国の中で世界第3位だって知ってた?【日本の不思議】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本と海外の文化ギャップは、TABIZINEでも長く人気を誇るテーマ。そのギャップを楽しめるのは、日本という国の独特の文化や風土あってこそです。そこで今回は、日本発祥の世界で愛されるもの、実は日本が世界一という意外なトピック、日本独特の興味深い文化などなど、知られざる日本の面白い部分を「日本の不思議」と題し特集したいと思います!

世界銀行(World Bank Group)によると、過去20年以上にわたって地球の森林率は減少し続けているのだとか。森林率とは、土地の面積に対する森林の割合で、2015年の段階で地球にある地上の30.825%が森林なのだと言います。

1990年の数字を見ると、31.801%。数字そのものは1%の減少にすぎませんが、地球規模の1%ですから、かなりの面積の森林が減っていると分かります。

森林率が先進国で【世界3位】日本の森は世界的に見ても豊かだと知ってた?【日本の不思議】
ただこの森林率、世界的に減少が進む中で、日本は過去20年以上かなり高い数値を維持しているとご存知ですか? 先進国に限ってみれば、世界で3番目に森林率が高い国なのだとか。そこで今回は日本の不思議シリーズとして、森林率の高さについて紹介したいと思います。

 

先進諸国の中で日本は3位

森林率が先進国で【世界3位】日本の森は世界的に見ても豊かだと知ってた?【日本の不思議】
知床の森

世界銀行によれば、日本の森林率は2015年の段階で68.5%。世界の平均と比べると、かなり高い数値だと分かりますよね。

世界の中には国土に森林が一切存在しない0%の国も、カタール、グリーンランド、サンマリノ、ナウル、ジブラルタルなど6か国存在します。エジプト、リビアなど、森林率が0.1%とほぼ存在しないような国もある中で、日本は68.5%です。なかなかの数字ですよね。

確かに筆者も大学生のころ、青春18きっぷで日本中を旅したとき、「日本には森しかない・・・」と思った記憶があります。日本は深い森を持つ森林大国なのですね。

森林率が先進国で【世界3位】日本の森は世界的に見ても豊かだと知ってた?【日本の不思議】
フィンランドの森

森林率68.5%を先進諸国の中で比べると、フィンランドの73.1%、スウェーデンの68.9%に次いで、世界で3番目に高い数字になります。フィンランドやスウェーデンと言えば、針葉樹の森(タイガ)が有名な国々。手元にある『MAPS 新・世界図絵』(徳間書店)のフィンランドのページを見ても、

<フィンランドの面積の大半は森林>(MAPS 新・世界図絵より引用)

とあります。そのフィンランドに肉薄するくらい、日本も森が豊かだと言えます。同じ先進諸国でも米国は33.9%、フランスは31.0%、オーストラリアは16.2%です。単純な森林の広さではなく、国土の広さを考慮した森林率で比べると、日本は世界でも上位のグループに居ると分かります。

森林率が先進国で【世界3位】日本の森は世界的に見ても豊かだと知ってた?【日本の不思議】
スリナムの森

ちなみに世界最大の森林率を誇る国はスリナム。南米にある国で、外務省の情報によると面積は日本の約2分の1、人口は54.3万人とあります。オランダの植民地、領、自治領としての歴史が長かったため、オランダ語が公用語になっている国で、なんと森林率は98.3%を誇るのだとか。

1:16,000,000の広域世界地図を見ると、首都のパラマリポ、隣町のニュー・アムステルダム、パラナムを除けば、大きな都市が確認できません。その分だけ、森林が広がっているのかもしれませんね。

 

森林率の高い都道府県は高知県

森林率が先進国で【世界3位】日本の森は世界的に見ても豊かだと知ってた?【日本の不思議】
岐阜県の森

では国内に目を向けて、森林率が高い都道府県はどこになるのかを見ていきましょう。林野庁が作成した都道府県別森林率・人工林率(平成24年3月31日)を見ると、1位は高知県の84%、2位は岐阜県の81%、3位は長野県の79%となっています。

確かにどこも森が豊かな印象がありますよね。高知県は岐阜、長野と比べて人工林が多いものの、

<高知県は、豊かな森林と青い海の国です>(高知県のホームページより引用)

と自称するほど。土佐湾と四国山地を抱える、自然な豊かなエリアだと分かります。

森林率が先進国で【世界3位】日本の森は世界的に見ても豊かだと知ってた?【日本の不思議】
逆に都道府県の中で森林率の低いエリアは茨城県、千葉県、大阪府の31%、埼玉県の32%、東京都の36%と、大阪を除けば関東エリアに集中していると分かります。広大な平野が広がり、農地と宅地、工場用地などの開発が進んでいるからでしょうか、関東は森林が少ないエリアなのですね。

 

以上、日本の国土の森林率は先進国の中で3番目に高いという話をしましたが、いかがでしたか?

そんな森林資源を豊富に抱える日本ですが、林木材の自給率に関しては極めて低いと言います。三井物産によると、林業先進国のドイツは木材の自給率が87%に対して、日本は28%しかないのだとか。

豊かな森をどのように守り、育んでいくのか、まだまだ課題は多いみたいですね。

森林率が先進国で【世界3位】日本の森は世界的に見ても豊かだと知ってた?【日本の不思議】
[Forest area (% of land area) – The World Bank]
[都道府県別森林率・人工林率(平成24年3月31日現在) – 林野庁]
[高知県の紹介 – 高知県]
[スリナム共和国 – 外務省]
[社会 林業について ―日本と世界の木材事情― – 三井物産の森]
[MAPS 新・世界図絵(徳間書店) – アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ミジェリンスキ]
[All photos in shutterstock]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。