ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

順調だった妊婦生活。このままスムーズに出産…とはいかなかった!!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

元々焦っても仕方ない、なるようになるタイプの私。

初めての妊娠でしたが、つわりもほぼなく、「仕事はキリがいいところまで」と思い、予定日前の産前6週ではなく産前4週くらいで産休に入りました。

順調すぎるくらいな妊娠生活を送った私の出産は、予定日の3日前の夜の23時半頃に破水から始まりました。

事前に入院セットは準備していたので、急いで産婦人科に電話して深夜0時に病院へ到着。

まだ陣痛は間隔が開いてて、助産師さんいわく、「破水してるからこれからどんどん進みますよ」とのことでした。

ただ、「破水しているので、万が一12時間経って生まれなかった時には帝王切開になります」と言われていました。

破水した時、夫も一緒にいたので荷物を持ってくれて、立会い希望だったのでそのまま夫も一緒に産婦人科に泊まり込みでした。

助産師さんが言ったとおり、陣痛は時間が進むにつれ、どんどん間隔が狭くなってきました。

私は割と痛みに強い方で陣痛進んできても「イタタ~」と言いつつも、合間合間で夫とおしゃべりしたりしながら楽しみに待ってました。

ただ陣痛はやはり痛いので寝るにはいたらず、夫婦揃って徹夜でした。

朝5時頃から陣痛は間隔がどんどん狭くなるものの、2~3分間隔から縮まらず…。

また子宮口も4~5㎝から開かずで、「おかしいなぁ赤ちゃんも降りてきてないね」という感じでなかなか進まなくなりました。

さすがに2~3分間隔になってきて結構痛いと思いつつ、そうなんですねぇなんて助産師さんや夫と話しながら、少しずつ不安に。

朝8時、相変わらず2~3分間隔しかし一定の間隔でなく、少し開いたりする陣痛を繰り返し、また子宮口も相変わらず4~5㎝。

「少しずつ促進剤入れましょう」ということに。

少しずつ促進剤が入り、私の心拍や赤ちゃんの心拍が少し弱くなったりしたら調節を繰り返す。

しかし、それでも2~3分の間隔で一定の間隔でなく少しまばらな陣痛、4~5㎝から開かない子宮口。

助産師さんいわく「この時点で普通分娩の時と変わらないくらいの陣痛の波もきてるのに…。このままなら昼12時に緊急帝王切開だよ。その時の覚悟しててね」とのことでした。

私は母子ともに助かるならとすぐ覚悟できましたが、むしろ夫の方が動揺していたようです(帝王切開→手術、全身麻酔→心配。大丈夫だよね?!な脳内だったらしい)。

私から「本当にこのままだとどっちも危ないからサインして」と、頼む流れでした。(笑) 関連記事:前期破水からの出産。

結果昼になっても、陣痛は2~3分から縮まらず、子宮口は4~5㎝から開かず、赤ちゃんは降りてこずで緊急帝王切開に。

破水から始まった私の出産は、分娩室で背中に麻酔の針?を刺して、分娩室から手術室へ。

願うのは自分と赤ちゃんの無事だけ。

昼12時過ぎ、手術室。全身麻酔は赤ちゃんを取り出してから、それまでは首から下だけ痛みがわからない程度の麻酔で手術開始。

なんとここの産婦人科、帝王切開も立会いOKで夫も立会いしました。

赤ちゃんを出したらなんと首に4周もへその緒巻いてたようで、どうりで降りてこない!こんなに巻いてるの久々に見たと産婦人科の先生がおっしゃってたそうで麻酔から目が覚めてから夫が教えてくれました。

私は途中から麻酔で意識がなくなり、気がついたらベットの上でした。

気がついて、いろいろ話を聞いて思ったことは、

「世が世なら、私も赤ちゃんも助からなかったなぁ」ということ。

「今、生きてて、赤ちゃんも元気で夫が喜んでくれて、本当に良かった!」と心から思いました。

いわゆる難産かもしれませんが、娘ちゃんは健康そのもの!黄疸とかも特になく、退院は一緒にできました。

帝王切開…後陣痛がものすごく痛かった!

初産は後陣痛あまり痛くないらしいですが、帝王切開で切ってますからね。

子宮が縮むときは当然痛い。

看護師さんに「痛み止めが必要な時は、遠慮なく頼んでね」と言われてたので、本当に痛いので、頼みました。

緊急帝王切開でしたが、私は妊娠時医療保険に入ってなく、当然持ち出し分がありました。

確か8万くらいだったと思います。

今回は、会社員で自分が社会保険の被保険者だったので高額療養費制度を使え、持ち出しが8万円ですみましたが、医療保険の必要性を感じ、産後すぐに加入。

ただし帝王切開については5年は出ませんという条件付きでした。

帝王切開後の加入は大体どこもそんな感じらしいです。それを理解した上で夫と自分の保険を今のライフスタイルに合ったものに入りました。 関連記事:妊娠中に保険に加入。予想外の帝王切開になり、大助かり!!!

結婚前から医療保険入らなきゃなぁと思いつつ、まだいっかと先延ばしにしていたのが悔やまれます。

妊娠期間中は入れる保険が限られたりするので…。

ちなみに妊娠、出産時の領収は全部取っておき、確定申告をバッチリしました。

多少還付がありましたよ。

著者:ケイ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんが大きすぎて帝王切開が決定。小柄な妻から出てきたのはなんと4200gのビッグベビー! by shin
生まれてくる我が子への脳内メッセージを阻害したのは「ジュゴゴゴォ…」というあの音 byきたあかり
緊急帝王切開

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。