体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

体験レポ! 賃貸住宅で、IoTの恩恵を受けられる毎日がもう目の前にやってきた

体験レポ! 賃貸住宅で、IoTの恩恵を受けられる毎日がもう目の前にやってきた

家電や設備がインターネットにつながることで、暮らしが快適になる。それがIoT(インターネット・オブ・シングス)だが、現状はまだ一般家庭に普及する段階ではなく、もう少し先の話……。そう思っていたら、年内には一般の賃貸住宅向けに導入が始まるという。しかも今後もさらに増えていきそうだ。今回は、さまざまなIoT機器の開発・製造・販売を行うロボットホームのモデルルームで、IoT化された賃貸住宅の暮らしを体験するとともに、将来の可能性を探った。

スマホでドアを解錠、来訪者の顔は専用タブレットで確認

東京都・中野区にある、賃貸のワンルームアパートの一室。玄関ドアに備えられた「スマートロック」はスマホや交通系のICカードをかざせば解錠する。中に入ってドアを閉めるとロックは自動的に施錠。【画像1】スマートロック。スマートフォンなどの端末からBluetooth、Suicaなど交通系ICカード、テンキー操作、従来どおりの物理的な鍵といった4つの方法で解錠できる。不正に解錠しようとすると警報音が鳴る(写真提供/ロボットホーム)

【画像1】スマートロック。スマートフォンなどの端末からBluetooth、Suicaなど交通系ICカード、テンキー操作、従来どおりの物理的な鍵といった4つの方法で解錠できる。不正に解錠しようとすると警報音が鳴る(写真提供/ロボットホーム)

ベッドの上に置いてある専用タブレット「セントラルコントローラー」を手に取り、照明やエアコン、テレビのアイコンを次々にタップ。Bluetooth通信で部屋に明かりがともり、室内に設置された「ネイチャーセンサーリモートコントローラー」を経由して、涼しい風が吹いて、テレビの中のタレントの声が響き渡る。【画像2】セントラルコントローラー。IoTでつながった家電を操作できるほか、水漏れなどのトラブルや退去時の連絡といった管理会社とのやりとりをチャットで行える(写真提供/ロボットホーム)

【画像2】セントラルコントローラー。IoTでつながった家電を操作できるほか、水漏れなどのトラブルや退去時の連絡といった管理会社とのやりとりをチャットで行える(写真提供/ロボットホーム)

タブレットには管理会社から火災報知器の点検日のお知らせメールが届いていた。自分の都合のよい日時を返信する。

すると玄関ドアの外に設置されている「ドアホン」ごしにいる来訪者の映像がタブレットに現れる。タブレットをタップしてドアを解錠してあげる……と、われわれが取材して体験したIoT賃貸住宅の暮らしを、部屋に入った際の行動に沿って紹介するとこうなる。

上記では部屋の中の話だが、部屋の外にいてもIoT化の恩恵を受けられる。例えば「ウインドウセキュリティ」は留守中に窓が開けられたり、窓の揺れを感じたりすると、すぐにスマホに通知が届く。また外出先から照明やエアコンの操作ができるので、「あ、消し忘れた!」というときは外から照明を消したり、「今日は寒いから今のうちに部屋を温めておこう」とエアコンを作動させておいたり、なんてことができる。【画像3】ウインドウセキュリティ。専用タブレット「セントラルコントローラー」で設定しておくと、窓の開閉や揺れを検知した際に入居者のスマホに連絡がいく(写真提供/ロボットホーム)

【画像3】ウインドウセキュリティ。専用タブレット「セントラルコントローラー」で設定しておくと、窓の開閉や揺れを検知した際に入居者のスマホに連絡がいく(写真提供/ロボットホーム)

2018年にはIoT賃貸住宅が約1万戸に?

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。