体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「安定した生活と仕事のやりがい、どちらを選んだらいい?」【シゴト悩み相談室】

生活・趣味

キャリアの構築過程においては体力的にもメンタル的にもタフな場面が多く、悩みや不安を一人で抱えてしまう人も多いようです。そんな若手ビジネスパーソンのお悩みを、人事歴20年、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

f:id:itorikoitoriko:20171027105158j:plain

曽和利光さん

株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャー等を経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)など著書多数。

CASE19:「好きなのに激務に耐えかねて辞めたWebデザインの仕事。戻りたい気持ちはあるものの、心が揺れています」(26歳女性・ITサービス会社勤務)

<相談内容>

新卒で入社した制作会社で、2年間Webデザインを担当していました。しかし激務と薄給に嫌気がさし、「給与はいいし、土日もちゃんと休めるから」と友人に誘われたITサービス会社の営業職に転職。しかし、1年たってもどうしてもやりがいが得られません。

営業の仕事が嫌というわけではありません。営業成績は普通ですが、前職の倍近い給与をいただけるうえ、土日もしっかり休めます。生活はかなり楽になりました。でもWebデザインのように、自分のこだわりを発揮できる仕事と違い、現在の仕事は誰でもできるもののように思われ、「私でなくてもいいのでは…」と感じることがしょっちゅうです。離れたからこそ「やっぱり自分はWebデザインが好きなんだ」と思うようにもなりました。

そこで、またWebデザインの仕事に戻ろうかと考えているのですが、以前の同僚に相談したところ「あんなに辛い辛いと言って辞めたのに、またこの業界に戻ってくるの?本当に大丈夫?」と言われ…心が揺らいでいます。私はどの道に進めばいいのでしょうか?(ITサービス会社・営業職)

f:id:itorikoitoriko:20171027105153j:plain

「のど元過ぎて熱さを忘れた」だけではないか?

人は、「のど元過ぎれば熱さを忘れる」生き物です。本来好きだったはずのWebデザインの仕事を捨てて全く違う仕事に転職するほどなのですから、よほどの激務だったはず。なのに、一度離れると大変だった当時のことがなぜかキラキラ輝いて見えたりする。でも多くの場合、それは幻想です。

Webデザイナーだったころのあなたの苦労を間近で見ていた元同僚の意見は、おそらく的を射ていると思います。大半の人は、自分の能力を2割増しで認識していると言われており、他者からのフィードバックのほうが正しいというケースが多いからです。それに、「やっぱりWebデザインが好きなんだと気づいた」にもかかわらず、「心が揺れている」というのは、身体が「止めておけ!」と警告を出しているような気もします。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会