ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【コンビニ新商品】10/20~26に発売された新商品は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「大人のファンタ」の新フレーバーに「午後の紅茶」のパーティーボトル、‟最も飲みたいフレーバー”の声に応えた「カルピスソーダ」など、気になるドリンクが登場した1週間。人気アニメとコラボした「ビックリマンチョコ」の新商品も話題になりそうだ。それでは今週も新商品の中から選りすぐりをチェックしてみよう。

日本コカ・コーラ「大人のファンタ 洋梨」PET410ml/140円(税抜)
大人も楽しめる「ファンタ」シリーズの第2弾。洋梨のおいしさと「ファンタ」ならではのシュワシュワ炭酸の刺激を最もバランスよく味わえる黄金比率で洋梨果汁を配合した(果汁10%未満)。さらに洋梨のピューレをブレンドすることで、より本格的で贅沢なおいしさを実現。純水仕立てで合成着色料・保存料は未使用と、品質にもこだわった。10月23日(月)から期間限定発売。


エースコック「わかめ 昆布つゆうどん」「わかめ 本鰹つゆそば」各180円(税抜)
「わかめラーメン」シリーズより、冬季限定で和風メニューがお目見え。昨年好評だった「昆布つゆうどん」に今年は新メニュー「本鰹つゆそば」が加わり、より存在感を増しての登場だ。昆布だしや本鰹だしをしっかり利かせた液体つゆに、ふわっと広がるとろろ昆布や後がけのふり節粉の具材がだしの旨みを際立たせる、冬限定の和風仕立てのおいしさが味わえる1杯。10月23日(月)発売。

ロッテ「ガーナ大人の生チョコ」180円(税抜)
芳醇なくちどけの大人向け生チョコアイス。生チョコ部は冷凍下でもやわらかく、なめらかなくちどけはそのままに、芳醇な味わいが楽しめるように洋酒を加え、大人向けに改良した。生チョコの比率は製品全体の約25%となっており、濃密な味わいが楽しめる。アイス部はアイスミルクからアイスクリームへグレードアップし、生チョコの芳醇な味わいと共に楽しめる仕立てになった。10月23日(月)発売。

キリンビバレッジ「キリン 午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ」PET500ml/140円(税抜)
「午後の紅茶」にパーティーボトルが登場。4種類のディズニーキャラクターとアルファベットを配した、パーティーシーンにぴったりな楽しいパッケージだ。中味もパーティーシーンにふさわしいおいしさにバージョンアップ。芳醇な赤リンゴ果汁に加えて、新たに爽やかな香りの青リンゴ果汁を採用。炭酸感もアップさせ、紅茶の華やかさと甘酸っぱいリンゴの上品で爽快なおいしさを楽しめるアップルティーソーダに仕上がった。10月24日(火)より期間限定発売。

明治「メルティーキッス プレミアムショコラ」248円(税抜)
冬期限定チョコレート「メルティーキッス」が今年も登場。「メルティーキッス プレミアムショコラ」は、新たにフレッシュ感のあるミルクをブレンドし、クリーミーな乳のコクを追求しながら、余韻はすっきりと仕立てた。いちご本来の味わいをいかした、ぎゅっと甘酸っぱい味わいの「フルーティー濃いちご」、苦みや渋みの少ない、抹茶の旨味がもっとも感じられる仕立てにこだわった「初摘み濃抹茶」とともに、10月24日(火)発売。

アサヒ飲料「『カルピスソーダ』巨峰」PET500ml/140円(税抜)
乳酸菌と酵母、発酵という自然製法から生まれた「カルピス」を、きめ細やかな炭酸のやさしい刺激とともに楽しめる「カルピスソーダ」で飲みたいフレーバーとして最も人気の高い<巨峰>の果汁を使用した乳性炭酸飲料。巨峰の完熟果汁をブレンドした豊かな香りと芳醇な味わいが、秋冬の季節にぴったりだ。10月24日(火)から12月末まで期間限定発売。

ロッテ「ワンピースマンチョコ2」<超新星編>/<新世界編>100円(税抜)
原作が20周年を迎えるアニメ「ワンピース」と発売40周年を迎える「ビックリマン」のコラボ第2弾。西日本(静岡除く)で発売の<超新星編>と、東日本(静岡含む)で発売の<新世界編>の2種類があり、コレクターシールはそれぞれシークレット4種類を含む全24種類。イラストは全種類、ビックリマンイラストレーターによる描き下ろしだ。10月24日(火)発売。

ロッテ「冬のチョコパイ<深みチョコ仕立て>」300円前後(税抜)
毎年好評の「冬のチョコパイ」シリーズから、深みのあるチョコ感を楽しめる、冬ならではの味わいが登場。しっとりとしたほろにがココアケーキに、芳醇にカカオが香るココアクリームをサンドし、チョコレートでコーティングした。10月24日(火)発売。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。