体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

R・ゴズリングが「30年前よりも複雑になった」と語る“ブレードランナー”の役割とは? 特別映像が到着

エンタメ
R・ゴズリングが「30年前よりも複雑になった」と語る“ブレードランナー”の役割とは? 特別映像が到着

 ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリングが出演する映画『ブレードランナー 2049』が10月27日に公開され、ライアンらが“ブレードランナー”の役割を解説する特別映像が到着した。

 1982年に公開された『ブレードランナー』でリドリー・スコット監督が描いた2019年の荒廃した近未来では、人造人間“レプリカント”が限られた寿命に葛藤し、人間たちを相手に反乱を起こすようになった。そんな危険なレプリカントを取り締まっていた(処分していた)のが、捜査官の役割を果たす“ブレードランナー”だ。前作では、ハリソン・フォード演じるブレードランナーの主人公デッカードと、人間世界に紛れ込んだレプリカントたちとの決闘が描かれていた。

 そんな前作から舞台を30年後に移した本作、<2049年>の世界では、レプリカントたちは制限のない寿命を持ち、人間社会とレプリカントは以前にも増して危うい共存関係となっている。新ブレードランナー“K”を演じるライアン・ゴズリングは本作について「前作から30年が過ぎ、ブレードランナーの役割はより複雑になった」と語っている。

 また、前作でメガホンを取り、本作では製作総指揮を務めるリドリー・スコットは“K”について「物語が進むにつれ、彼は本当の自分を発見していく」と明かし、彼自身にも何らかの秘密あるかのような意味深なコメントをしている。そんなリドリーの言葉を裏付けるように、彼から直々に監督を引き継いだドゥニ・ヴィルヌーヴは、「絶望はやがて強い欲望となり判断力を奪う。それが美しい軌跡になっている」とKの葛藤が驚きの結末を迎えるとも明言している。

 そして、一筋縄ではいかない本作のストーリーで最も重要な要素となるのが、Kと30年前に姿を消した“かつてのブレードランナー”デッカードとの出会いだ。35年ぶりにデッカードを演じたハリソン・フォードは、「Kがデッカードを追いつめるその先に、2人にとって重要な真実が明るみになる。それはとても大胆な物語で、感情的なものが表現された価値のあるものになっているよ」といい、観客の心を揺さぶるラストが待ち受けていると語っている。そしてドゥニ監督は、「Kは孤独で、この世で最悪の仕事についている。しかし、予期せぬ形で夢が生まれる。それに対する思いがあまりにも強く、彼は自分を見失いながらも、やがては思わぬ方向に向かっていくんだ」と、Kを中心に繰り広げられる壮絶な物語に注目して欲しいとも呼びかけている。なお、『ブレードランナー 2049』は現在全国の映画館にて公開中。

◎『ブレードランナー 2049』特別映像:
https://youtu.be/HEUR5NLRQBQ

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会