体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語が出来ない人必見!アメリカで翻訳端末「ili(イリー)」の実力をガソリンスタンドで試してみた

英語が出来ない人必見!アメリカで翻訳端末「ili(イリー)」の実力をガソリンスタンドで試してみた

突然ですが、英語がまったくできなくて、旅の途中で困ったことありませんか?僕は今、アメリカをキャンピングカーで1ヶ月かけて横断している最中なのですが…まったくと言っていいほど英語が全然できないので非常に困っています。

買い物・食事の注文・宿泊の手配など、例をあげたらキリがありません。

そんな悩みを解決してくれるのが、TABIPPOメンバーも利用する機会の多いグローバルWiFiさんでレンタルした翻訳端末「ili(イリー)」です!今回はキャンピングカー移動に必要な「ガソリン給油」の場面で使ってみたので、その実力を紹介します!

 

そもそも「ili(イリー)」とは?

ワンプッシュで伝えたい一言を外国語(日本語→英語)に音声翻訳してくれる端末です!オフラインで使えるのがポイントです。

 

それでは早速、店内へ

アメリカでの給油方法は日本とは違い、基本的にはクレジットカードで支払います。そのため、現金で支払う場合はガソリンスタンド内のお店のキャッシャーへ一言声をかけなければなりません!

店内に入ると髭を生やした少し強面な店員さんが…少し、躊躇しましたが「ili(イリー)」に向かって伝えたいことを言います。

「レギュラーを入れたいです。」→「I want to put a regular」

「OK!」

伝わった!日本語しか話していないのに伝わりました。少し強面のお兄さんもちょっと笑顔になった気がします。

「What’s number?」「How much do you put regular?」と聞かれたので…

「4番で70ドルです」→「$ 70 for No. 4」としっかりと翻訳してくれました。


1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。