体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「そりゃあ復讐したくなるよね」天海祐希さんがマーベル初の女性悪役に

敵対する相手が完全に「悪」とはいえないのかも…。

そんなバトル映画の新たな一面に気づかせてくれたのが、2017年11月3日(金・祝)から公開される『マイティ・ソー バトルロイヤル』。

アベンジャーズの一員である雷神、マイティ・ソーが、復讐心と野心を胸に世界を支配しようと企む死の女神ヘラを倒すために、盟友ハルクや宿敵ロキらとともに立ち上がる──というストーリーです。

天海祐希さんが吹き替え版に。「喜怒哀楽をいっぺんにフル活動できる映画」

20171027_thor02.jpg 20171027_thor03.jpg

10月26日におこなわれた『マイティ・ソー バトルロイヤル』吹き替え版完成披露試写会では、マーベル映画初の女性悪役、死の女神ヘラの吹き替えを担当した女優・天海祐希さんが登場しました。

この日は、深いスリットの入ったエレガントな黒いドレスに、グリーンのイヤリングを合わせていた天海さん。ヘラをイメージしてスタイリングしたのだそう。

20171027_thor04.jpg

実際にヘラの声を演じてみた感想を聞いてみると、

「最強で最悪、もっとも美しい死の女神のヘラだったんですけど、吹き替えをしている間、とっても楽しかったです。なかなか人様に言えないような台詞もあったので、思いっきり言わせていただきました。本当にスカッとして楽しい映画です」

とのこと。人様に言えないような台詞っていったい何なのか、気になりすぎます…。

20171027_thor08.jpg

また、映画の見どころについても語ってくれました。

「おばちゃまの立場から言わせていただきますと、第一にいい男がいっぱいいる! 体の鍛え抜かれたいい男がいっぱい登場してきて、ルンルンしながら見ました。

バトルシーンも素晴らしいし、ストーリーも胸にジーンとくるシーンもあれば、興奮するようなシーンもあって、喜怒哀楽をいっぺんにフル活動できる映画です。

観ていただけるとわかると思うんですけど、ヘラがなんでここまで復讐心に燃えるのかっていうのが納得できます。そりゃあ復讐したくなるよね、ってヘラの心情に寄り添ってしまいますね」

強い復讐心と野心を持ってソーを攻撃するヘラ。たんなる「悪役」と思える彼女ですが、じつはそれなりの理由がある。

完全に「正義」と「悪」というだけでは判断できない複雑さも、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の見どころとなっているようです。

ローガン役には浅野忠信さん。アテレコをするときの苦労って?

20171027_thor05.jpg20171027_thor06.jpg

さらに会場には、ゲストとして、K-1世界チャンピオンの武尊さんと元大関の把瑠都さんに加えて、本作にローガン役として出演している俳優・浅野忠信さんも登場しました。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。