体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

支払い料金、バッテリー性能、サポート…iPhone買い換えの注目ポイントは?

秋の新型iPhoneの発表は、iPhoneユーザーにとって毎年のワクワクする恒例行事ですよね。iPhone 8やiPhone 8 Plus、そして一気に世代が進んだ未来感あふれるiPhone Xの発表に胸躍らせた人も多いでしょう。

iPhone 6やiPhone 6sよりも、前の世代のiPhoneを使っている人にとっては、そろそろ買い換えが気になるタイミング。「8」や「X」といった新型が発売されましたが、iPhone 7/iPhone 7 Plusも引き続き購入できます。最新のiPhoneを価格や機能などを比べながら「7」「8」「X」の3つのシリーズから選べるのが、2017年の秋冬のiPhone選びのポイントです。

ではiPhoneを選ぶとき、皆さんはどのようなポイントをチェックするのでしょうか。KDDIが800人に、iPhone買い換えに関する3つのアンケート調査※を行いました。さて、そこから見えてきたものとは??

※「iPhone買い換えに関する意識調査」(KDDI株式会社調べ)2017年10月17日〜2017年10月26日/有効サンプル数800名。

嬉しい機能は、iPhone 7以降の「防水/防塵」「FeliCa対応」

まずは「iPhone 10年の進化で嬉しかったこと」という質問。多かった回答は「防水/防塵対応」が45%、IC乗車券や電子マネーなどの「FeliCa対応」と、「ワイヤレス充電」がそれぞれ12%という結果になりました。

iPhone 7以降は防水/防塵に対応したことで、ちょっとした水濡れや、洗面所での操作時に気を遣わなくても済むようになったのはやはり大きなポイントといえそうです。

同様に、おサイフケータイに代表されるようなFeliCaに対応したのもiPhone 7以降。それまで弱点と言われていたこの部分が改善され、電車に乗ったり買い物をするときにiPhoneひとつでピピッと支払いができるようになりました。

またiPhone 8、iPhone Xに搭載されているワイヤレス充電は、標準的なQi方式に対応した充電ステーションの上に置くだけで充電できる機能。充電するときにケーブルを抜き挿しする必要がなく、片手でポンと置くだけで済み、使ってみるとかなり便利なことに気づきます。

iPhoneを買い換える際に気になるのはやっぱり……?

さて、次は「iPhoneを買い換える際に気になるポイントは?」という質問。50%と実に全体の半分を占めた回答が「月々の支払い料金」でした。

auの「アップグレードプログラムEX」や「auピタットプラン(スーパーカケホ)」などの各サービス・プランを利用すると、機種代金も含めて、iPhone Xが月々5,000円台※、iPhone 8の64GBモデルは月々4,000円台※、iPhone 7の32GBモデルは、月々なんと3,000円台※から使えます。「最新のiPhoneは機種代金が高い」というイメージがありますが、auの料金シミュレーターをぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。