ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

MacBookユーザー必見! ワイヤレス充電を可能にする「MagC」はiPhone 8にも使える

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スマホやイヤホンなどではワイヤレス充電が普及しつつあるが、AppleのMacBookユーザーに今回紹介したいのがMacBookのワイヤレス充電を可能にするパッド「MagC」。

先ごろ発売されたiPhone 8にも対応し、充電ケーブルをいちいちつなぐという面倒から解放される。

・PC周りがすっきり

MagCはワイヤレス充電規格「Qi」を採用していて、MacBookほどのサイズのパッドと、MacBookの底につけるクリップから構成される。クリップを取り付けると、あとはそのままパッドの上に載せるだけで充電できるようになる。

パッドはACアダプターで電源をとることになるが、MacBookにケーブルをつなぐ手間が省け、デスクでPC作業をしながら充電ができる。ケーブルを減らしてPC周りがすっきりするのもメリットだろう。

・2タイプを用意

また、先日発売されたiPhione 8はワイヤレス充電に対応することで注目を集めたが、MagCではiPhone 8も使える。

ワイヤレス充電の専用充電器の購入を検討していて、MacBookも使っているという人は、MagCを選択肢の一つに加えても良さそうだ。

MagCは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開中。普通にMacBookを充電できる「Surge」と、ワット数が低くPC使用中は充電できない「Conserve」の2タイプが用意されている。

出資額はSurgeが199ドル(約2万3000円)~、Conserveは139ドル(約1万6000円)~。12月18日まで出資を受け付け、発送は2018年3月以降を予定している。

MagC/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。