体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【結論】秋なすは丼で食べるのがウマい!甘辛ダレが絶品「いわしと秋なすの蒲焼き丼」

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153525j:plain

やっぱり今年はサンマが高い! でもね、イワシはお手ごろ。この時期はイワシだってうまいのです。(産地にもよります)というわけで、今回は旬の秋なすと、脂がのったイワシを合わせた丼。

蒲焼きの甘辛~いタレを絡めた秋なすとイワシ、そこに大葉と刻んだ紅生姜、そして炒りごま香るご飯が合うんですよ! さらに、炒った桜えびの素干しを素揚げにして、細かく刻んでなすにふりかけると更に香ばしさやうま味がUP! 箸が止まりません。

イワシは魚へんに弱いと書くくらい足が速い(鮮度が落ちやすい)魚。丸々と肥えた、刺身で食べられる鮮度のいいイワシで作れば間違いないです。イワシは、ほとんどのスーパーで頼めばさばいてくれると思います。

魚屋三代目の「いわしと秋なすの蒲焼き丼」

【材料】2人前

マイワシ(真鰯) 三枚におろしたもの160~180g(大きければ2尾、小さければ4尾くらい) ご飯 茶碗2杯分くらい(約400g) なす 1本 カイワレ 1/2パック分(3等分に切る) 白髪ネギ お好みで 大葉 6枚(みじん切り) 紅生姜のみじん切り 大さじ1 炒りごま 大さじ1 乾燥桜えび(桜えび素干し) 大さじ1 片栗粉 適量 サラダ油 適量

(A) 醤油 大さじ3 みりん、日本酒 大さじ2 砂糖 大さじ1

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153539j:plain

1. ナスを縦半分に切り、2~3回斜めに包丁で切り込みを入れながらスライスし水につけておく。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153543j:plain

乾燥桜えびはフライパンで乾煎りし、細かく刻んでおく。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153549j:plain

2. 小鍋に(A)を入れてよく混ぜながら一煮立ちさせ、蒲焼きのタレを作る。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153546j:plain

3. 温かいご飯に大葉と紅生姜、炒りごまを加えてよく混ぜておく。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153552j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。