ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【結論】秋なすは丼で食べるのがウマい!甘辛ダレが絶品「いわしと秋なすの蒲焼き丼」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:sakanaya-sandaime:20171025153525j:plain

やっぱり今年はサンマが高い! でもね、イワシはお手ごろ。この時期はイワシだってうまいのです。(産地にもよります)というわけで、今回は旬の秋なすと、脂がのったイワシを合わせた丼。

蒲焼きの甘辛~いタレを絡めた秋なすとイワシ、そこに大葉と刻んだ紅生姜、そして炒りごま香るご飯が合うんですよ! さらに、炒った桜えびの素干しを素揚げにして、細かく刻んでなすにふりかけると更に香ばしさやうま味がUP! 箸が止まりません。

イワシは魚へんに弱いと書くくらい足が速い(鮮度が落ちやすい)魚。丸々と肥えた、刺身で食べられる鮮度のいいイワシで作れば間違いないです。イワシは、ほとんどのスーパーで頼めばさばいてくれると思います。

魚屋三代目の「いわしと秋なすの蒲焼き丼」

【材料】2人前

マイワシ(真鰯) 三枚におろしたもの160~180g(大きければ2尾、小さければ4尾くらい) ご飯 茶碗2杯分くらい(約400g) なす 1本 カイワレ 1/2パック分(3等分に切る) 白髪ネギ お好みで 大葉 6枚(みじん切り) 紅生姜のみじん切り 大さじ1 炒りごま 大さじ1 乾燥桜えび(桜えび素干し) 大さじ1 片栗粉 適量 サラダ油 適量

(A) 醤油 大さじ3 みりん、日本酒 大さじ2 砂糖 大さじ1

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153539j:plain

1. ナスを縦半分に切り、2~3回斜めに包丁で切り込みを入れながらスライスし水につけておく。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153543j:plain

乾燥桜えびはフライパンで乾煎りし、細かく刻んでおく。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153549j:plain

2. 小鍋に(A)を入れてよく混ぜながら一煮立ちさせ、蒲焼きのタレを作る。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153546j:plain

3. 温かいご飯に大葉と紅生姜、炒りごまを加えてよく混ぜておく。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153552j:plain

4. 三枚におろしたマイワシを半分に切り(今回は大きかったので)、片栗粉をふっておく。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153556j:plain

5. フライパンに多めのサラダ油を熱し、しっかりと水気を切ったなすを素揚げ(白い部分が色づくまで3分ほど)にして取り出し、同じフライパンで片栗粉をまぶしたイワシを両面、揚げ焼きにしていきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153600j:plain

6. 2のイワシを揚げながら、1で合わせたタレの鍋に火をかけます。イワシにこんがり色がついたら油を切りながら取り出し、

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153603j:plain

すかさず隣の鍋に移し、よくタレをからめて蒲焼きにして取り出します。丼に2で混ぜたご飯をよそい、イワシの蒲焼と素揚げにしたなす、カイワレを添えて白髪ネギを天盛りにします。仕上げにタレをナスにかけ、炒って刻んだ桜えびもお好みでふりかけます。

ご飯に梅干しやたくあんなどを混ぜてもうまいっす!

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153530j:plain

イワシは、揚がった順に沸々とさせたタレに絡ませ取り出していくと、サクッとした食感が活きてウマいっす! もしタレが味濃く煮詰まってしまったらお湯を加えてちょうど良くすればOKです。

魚屋の小話~イワシの名前~

真鰯(マイワシ)は大きさにより呼び方を変えます。

10cm前後は「小羽(こば)」、私が仕入れに行っている市場では「平子(ひらご)」とも呼びます。そして15cmを超えると「中羽(ちゅうば)」、25cmくらいになると「大羽(おおば)」と呼びますよ。

f:id:sakanaya-sandaime:20171025153535j:plain

今回のマイワシは25cmはあったので「大羽鰯(おおばいわし)」になります。梅雨時季に捕れる「梅雨鰯(入梅鰯)」なんてのもありますね。

産地は北海道、ここ何年か北海道産のイワシがとても多いです。(昨年今年はサンマよりも)この時期の北海道産、型が良いと脂がノリノリですよ!

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。 ブログ:魚屋三代目日記 ホームページ:鮮魚 魚武

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年10月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

【脱定番】魚屋さんが「揚げだし豆腐」を作ったらこうなった!【秋鮭満喫レシピ】
カカシ(案山子)の魅力に取りつかれた男の話【趣味人の食卓】
和風パスタ好きは覚えておきたい「めんつゆバターソース」【秋鮭といくらの親子パスタ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。