ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

“今話題の来日アーティスト”といえば…?魅力を総復習

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

“今話題の来日アーティスト”といえば…?魅力を総復習
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。10月25日(水)は、Licaxxxとのコンビでお送りしました。

10月23日(月)からの週、番組内のワンコーナー「FEATURE TOPICS」では、アメリカの音楽シーンを代表するソロ・アーティスト・Beckをピックアップしています。

10月23日、10月24日と東京公演で圧倒的なパフォーマンスを披露したBeck。これまで多くの単独来日公演を行ってきたほか、フジロックフェスティバル、サマーソニックでトリを務めるなど、日本の音楽ファンにも非常になじみの深いアーティストです。

藤田:LicaxxxはBeckについて、どう?
Licaxxx:実は…全く通ってないんですよ。ニューアルバムは聴いて、すごくいいと思ったんだけど…。

代表曲「Loser」、アルバム「Odelay」をはじめ、ヒップホップの音楽制作の要素であるサンプリングなどを使って世に出てきたBeck。フォークやブルース、R&B、ファンク、ダンスミュージックなど、作品ごとに違うジャンルを開拓し変化させてきました。2002年になると、「Sea Change」のように自身の心の内面をさらすような作品も。さらに2006年の「The Information」に全曲のミュージックビデオを付けたり、「Modern Guilt」ではDanger Mouseをプロデューサーとして迎えたりなど、様々な挑戦を試みます。

Licaxxx:私がサマソニにハマってた時代は、イギリスの音楽しか聴いてなかったんですよね(笑)。その流れに乗っているバンドじゃないとあまり調べなくて…。あと、その時に聴いた曲は、Beckがフォーク寄りの曲だったから、そこでハマらなかったのかなって思います。
藤田:なるほどね。
Licaxxx:でも、改めてこの曲(「Replica」)聞いてるとRadioheadとか好きな人も聞いてそうな感じもあるし、カッコいいなって思います。

アルバムを出すごとに様々な進化を遂げてきたBeckですが、その後、撮影時の事故による脊髄損傷で6年間にわたり活動休止してしまいます。そして2014年に復活。リリースしたのが、アルバム「Morning Phase」です。Beckはこの作品でグラミー賞(年間最優秀アルバム部門)を獲得しました。

10月13日(金)には最新アルバム「Colors」をリリースしています。来日公演で興奮冷めやらぬ中、みなさんもBeckの楽曲を是非聴いてみてください!

番組ではその他に、注目ガールズバンド・CHAIのスタジオライブや、okadadaによる生DJ MIX「CLUB SONAR」など盛りだくさんでお届けしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。