体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名作文学の読後感がそのままコーヒーに!? 文豪の作品が味わえるコーヒーが誕生

名作文学の読後感がそのままコーヒーに!? 文豪の作品が味わえるコーヒーが誕生

AIを使って名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現

なんとAI技術と珈琲のプロフェッショナルがコラボし、名作文学をモチーフにしたブレンドコーヒーが開発されたようです!

開発したのは、世界トップクラスのAI技術を持つ日本電気株式会社(NEC)とコーヒー豆専門店の株式会社やなか。AI(人工知能)とカップテスター(注1)のコラボレーションにより、名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」を開発しました。

「飲める文庫」は、やなか珈琲店の店舗で「読書の日」の10月27日(金)より期間限定で販売します。

日本文学を代表する6つの作品がラインナップ

【対象の名作文学】(著者五十音順)
・島崎藤村 著「若菜集」
・太宰治 著「人間失格」
・夏目漱石 著「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」
・森鷗外 著「舞姫」

※画像はイメージです。

商品名:ビーンパッケージ
販売期間:2017年10月27日(金)~11月30日(木)
販売店舗:やなか珈琲店
秋葉原CHABARA店、アトレ亀戸店、コレド室町店、ルミネ北千住店、ルミネ立川店、エキュート赤羽店、アリオ西新井店、トレインチ自由が丘店、中野マルイ店
やなか珈琲店通販サイト http://www.yanaka-coffeeten.com/
価格:950円/100g (税込)
※販売期間中でも在庫がなくなり次第、販売終了


※画像はイメージです。
商品名:6作品飲み比べ ドリップバックセット
販売期間:2017年11月8日(水)~11月30日(木)
販売店舗:ビーンパッケージと同じ
価格:2,340 円(税込)
※販売期間中でも在庫がなくなり次第、販売終了

その開発プロセスとは?

「飲める文庫」はこのようにして開発されました。

1.NECのデータサイエンティストが、文学作品に関する1万件以上のレビュー文(読後感)をコーヒーの味覚指標(苦味/甘味/余韻/クリア感/飲みごたえ)に変換した学習データを作成。(注2)

2.NEC の最先端AI 技術群「NEC the WISE」(注3)の一つであり、ディープラーニング( 深層学習) 技術を搭載したソフトウェア「NEC Advanced Analytics – RAPID 機械学習」に学習データを投入し、分析モデルを作成。

3.分析モデルを用いて6点の名作文学のレビュー文を分析し、味覚指標のレーダーチャートをそれぞれ作成。

4.作成されたレーダーチャートをレシピとして、やなか珈琲店のカップテスターが6種のブレンドコーヒーを考案・開発。

青春のみずみずしい感情を思い出す、藤村の詩を表現

コーヒー豆:タンザニア/コロンビア/ニカラグア
ロースト:ミディアムロースト

抒情的世界を開花させた島崎藤村の第一詩集をコーヒーに。
タンザニア産のほのかな甘みを伴った酸味にコロンビア産の滑らかなコクをプラス。青春のみずみずしい感情を思い出す。藤村の詩を表現した、さわやかな酸味とクリアな味わいが特徴のコーヒー。

太宰節で淡々と語られる人間の弱さを象徴付ける不首尾な人生

1 2次のページ
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。