ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

トラブルが急増するメルカリ詐欺3つの手口とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
トラブルが急増するメルカリ詐欺3つの手口とは

「メルカリ」が不正利用の対策として、初回出品時における出品者の住所・氏名・生年月日の登録必須化、および売上金振込口座との照合を年内に導入することを発表しました。これはネット通販に不慣れなユーザーを狙うメルカリ詐欺が急増しているため。メルカリ詐欺の手口を確認しておきましょう。

メルカリ詐欺で典型的なコピー商品

「メルカリ」は、不要なモノをユーザー間で売買できるフリマサービス。スマホだけで利用できる手軽さから利用者が急増していますが、そのような新規参入者を狙った詐欺師もやはり増えているようです。

メルカリ詐欺の典型的な手口に、偽ブランド品を売りつける「コピー商品」詐欺があります。女性ユーザーが多いため、ブランド品の出品が盛ん。しかし、ブランド品にはコピー品がつきものです。

中には、プロでも鑑別困難な「スーパーコピー」も存在します。それを素人が撮影した写真だけでコピー品かどうかを見抜くのは至難の業。たとえギャランティーカードがあっても、ギャランティーカード自体も偽造されている可能性があります。確実に避ける方法は現状では無いため、不安なら手を出さない方が安全です。

メルカリ詐欺の無在庫販売に注意

メルカリ詐欺の手口に「直接取り引き」詐欺があります。メルカリは手数料こそ高いですが、取り引き完了まで間に入ってお金を管理してくれます。まれに、手数料分安くするからと直接取り引きを誘ってくる悪人もいるので注意が必要です。

手元に無い商品を販売する「無在庫」詐欺にも注意しましょう。注文が入ってからヤフオク!などで入手して販売する出品者もいます。そのため、写真と違ってボロボロな商品が送られてくるケースも…。商品説明にカタログ写真しか掲載されていないものは、無在庫販売の可能性が高いので避けた方が無難でしょう。

メルカリの「利用規約」を開くと、「直接取り引きの禁止」など禁止事項の一覧を確認できます。トラブルを回避するために役立つ事項なので、メルカリ詐欺に遭わないようにするためにも熟読しておきたいところ。メルカリアプリのメニューを開き「ガイド」→「利用規約」から確認できます。

関連記事リンク(外部サイト)

迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。