体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

贅沢すぎる絶景!アメリカのモニュメントバレーで最高のプロフィール写真を撮影してきた

生活・趣味
贅沢すぎる絶景!アメリカのモニュメントバレーで最高のプロフィール写真を撮影してきた

アメリカ横断する編集部は、現在マイアミにおります!アメリカ最南端の地・キーウェストを目指してドライブ中。

グランドサークルをまわっていたのが、かなり昔のことのように思えます。グランドキャニオンの絶景には圧倒されたなあ……モニュメントバレーで見た夕焼けも忘れられないなあ……と蘇る記憶。

素晴らしい景色を前にすると反射的にカメラを手に撮影を始めるわたしたちですが、この時ばかりはポートレート写真もたくさん撮影してきました。

そう、「最高のプロフィール写真」を撮るために!!!!!

 

向かったのはモニュメントバレー

最高のプロフィール写真撮影の舞台に選んだのは、ユタ州からアリゾナ州に広がるモニュメントバレー。わたしたちが到着したのは、もうすぐ日が暮れる時間帯でした。

やばい!急がないと日が沈んでしまう!ということで急いで撮影を始めます。

 

まずは編集長から

photo by rui maeda

最初に撮影をするのは、編集長の前田塁。上のこの写真、見たことある方いらっしゃいませんか?これは前田が学生時代、世界一周をしている時に撮影したそうです。それから早6年。またこの地に戻ってきました。

当時はアメリカから出発した世界一周が始まったばかりだったため、手には「1カ国目」の文字が。今回は「41カ国」と手に記します。

photo by shigeki naganuma

うん、6年経つとやはり貫禄が出るものなんですね。今年30歳を迎えた前田、旅に対する情熱は当時と変わらないようです。

 

いつも真顔の長沼も

「アンテロープキャニオン」
写真で見るよりも岩肌は高く、滑らかで、冷たく、綺麗な曲線で日が差し込む場所は綺麗な褐色が際立って見えて不思議な世界でした#旅する編集部#アメリカ横断する編集部#tabippo#TABIPPOグローバルWiFi pic.twitter.com/4kb2nhEpEJ

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会